TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】衝撃の悶絶KO負け! 元ムエタイ王者のミドルキック一撃で山浦俊一がマットへ沈む、HIROが梅沢武彦を破り新王者に=5.21

2022/05/21(土)UP

山浦(右)は、コンゲンチャイ(左)の左ミドルキックを受けて悶絶KO負け

NJKF
『DUEL.23』

 2022年05月21日(土)神奈川・カルッツ川崎
▼メインイベントⅤ S1世界スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
●山浦俊一(新興ムエタイジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者) 
KO 4R1分53秒 ※左ミドルキック
〇コンゲンチャイ・エスジム(エスジム/元ルンピニースタジアム認定バンタム級4位)

山浦(右)はボディブローでコンゲンチャイを追い込んだ

 メインイベント最終試合は、S1世界スーパーフェザー級王座決定戦でWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・山浦俊一(新興ムエタイジム)とコンゲンチャイ・エスジム(エスジム)が対戦する。

 山浦は19年にNJKFスーパーフェザー級タイトルを獲得、20年にはWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座を戴冠している。前戦は昨年11月のWBCムエタイ初防衛戦で、判定勝ちしている。

ボディ攻めで追い込んでいた山浦

 対するコンゲンチャイは元ルンピニースタジアムの上位ランカーで、元WPMF世界ライト級王者・増田博正や、5冠を経験する翔・センチャイジムら強豪日本人を得意のヒジ打ちで沈めてきた。その実力は健在で、昨年11月にはWPMF世界スーパーフェザー級王者の岩城悠介に判定勝利している。

 1R、互いにミドルキックのフェイントを入れながら蹴り合う。山浦は、右ローキック。コンゲンチャイは、体を横にしてダメージを逃がす。素早い右ミドルキックを決めるコンゲンチャイ。さらに山浦を転倒させる。山浦はミドルキックをローキックで蹴り返す。さらに接近して左右のパンチで攻めながら足を払ってコンゲンチャイを転倒させた。

コンゲンチャイの左ミドルキックでKO負けを喫した山浦

 2R、山浦は接近してボディブロー。コンゲンチャイは、ヒザ蹴りを返す。山浦は3回、コンゲンチャイを転倒させてペースを掴む。ミドルキックを受けつつ、ボディブロー連打で追い込む山浦。コンゲンチャイの動きが止まり、さらに山浦はボディブローを入れるがダウンを奪えなかった。

 3R、山浦は接近してコンゲンチャイを何回も転がせる。コンゲンチャイはミドルキックを繰り出すが、山浦は構わずパンチを返す。後半にはボディブロー連打で追い込み、コンゲンチャイ攻略の糸口が見えそうだった。

倒れた山浦が、のたうち回るほどのKOシーンだった

 4R、ここで差をつけたい山浦だが、コンゲンチャイの右ミドルキックを何発も受けてしまうことに。それでも怯まずに前へ出て勝負していたが、左ミドルキックをまともにもらってしまい、しゃがみ込むように倒れると立ち上がることができず。その場で苦しみながらKO負けを聞く悶絶KO負けとなった。

▶次ページは、梅沢武彦vs.HIRO YAMATO

●編集部オススメ

・【NJKF】山浦俊一、S1世界王座戴冠へ「食らったことない隠し技を準備」=5.21神奈川

・【NJKF】3度目の決着戦へ、”成長中のアラサー”梅沢武彦は「泥臭く」HIRO「ベルトは1年間貸してあげた」=タイトルマッチ

・【NJKF】王者・浅井春香「“強いな”と思わせる試合をしたい」、KAEDEとの再戦で王座防衛戦に臨む=5.21神奈川

・【NJKF】女王Ayakaに襲い掛かるJKファイター藤原乃愛「“無敗のJKチャンピオン”になります」=5.21神奈川

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧