TOP > 試合結果 一覧

【海外ムエタイ】福田海斗、ラジャダムナンスタジアムのメインで強豪に大差つけ判定勝利

2022/06/13(月)UP

パンチを当てる福田

『スック ペッティンディー』
2022年6月9日(木)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第4試合メインイベント
〇カイト・ウォーワンチャイ(=福田海斗/キング・ムエ/「True4U」スーパーバンタム級5位/IMSA世界スーパーバンタム級王者)
5R判定3-0 ※三者とも49-47
●チャッチャイ・ダーブルアンサラカーム(タイ/「True4U」スーパーバンタム級10位)

蹴りを放つ福田

 2022年6月9日(木)タイ・ラジャダムナンスタジアムにて行われた『スック ペッティンディー』メインで、カイト・ウォーワンチャイ(=福田海斗)が強豪チャッチャイ・ダーブルアンサラカームに賭け率50-1の大差をつける判定勝利を収めた。

【動画】福田海斗が強豪チャッチャイに大差つけ勝利!

 福田は今年4月に名古屋で開催された『Suk Wanchai MuayThai Super Fight』でクマンドーイ・ペッティンディーアカデミーに勝利し、IMSA(国際ムエタイスポーツ協会)世界スーパーバンタム級王座を獲得。対戦相手のチャッチャイは今年4月の『スック ペッティンディー』メインでペットー・ファイタームエタイと対戦し、大差の判定勝ちを収めている。
 試合前の賭け率は、朝の計量で契約体重123ポンドよりアンダーだった福田が嫌われ、若干ながらチャッチャイがリードとなっていた。

 ゴング直後、福田はいきなり距離を詰めていく。ジリジリと下がるチャッチャイだが、軌道を変則的に変えたジャブで牽制。
 第2R、チャッチャイは伸びのある左ミドルを多用し福田を距離に入れさせない。しかし、福田も直後にボディストレートから左フックや右ローに繋ぎ、近距離をキープ。後半、距離を嫌がってロープに詰まる場面が多くなるチャッチャイだが今度はヒジで福田の顔面を狙い撃ち。それでも福田は下がらず首相撲に持ち込み、離れれば右ミドルを当て試合をコントロール.。第2R終了時で10-8と福田が賭け率をリード。

 第3R、ペースアップする両者、チャッチャイが先にパンチから左ミドルのコンビネーション。福田はしっかりとディフェンスし右ミドルを当てる。そして福田が前に出るとチャッチャイは左ミドルが出なくなり代わりにヒジで応戦。しかしこのパンチ・ヒジの距離は福田が一枚上手で、チャッチャイのヒジをスウェーでかわしカウンターの肘やパンチを当てる。第3R終了時で7-4と福田がリードをキープ。

 勝負となる第4R、やはり先にチャッチャイが左ミドルを蹴るも若干距離を強引に詰めて蹴るため福田にパンチのカウンターを合わされ後退。組んでも福田にロックされロープを背負う場面が増える。さらに福田はチャッチャイの左ミドルをキャッチしコカすことに成功。チャッチャイも首相撲で福田を転倒させ意地を見せるも、ラウンド後半はこの近距離戦で消耗が激しくスタミナ切れで手数が出なくなる。このラウンドが終わって50-1という大差がつき、福田が圧倒的リードに。

勝利した福田海斗(カイト・ウォーワンチャイ)

 最終ラウンド、あとが無いチャッチャイはパンチとヒジで強引に攻め込むが、福田のディフェンスが堅く逆にタイミングを読まれ福田にカウンターの右ミドルを当てられ万事休す。判定3-0(49-47、49-47、49-47)で福田が勝利した。

 今回もクマンドーイ戦と同じく、ヒザ一辺倒ではなくパンチやミドルを駆使した試合内容で、特に最終ラウンドにディフェンスに徹しうまく”いなす”動きは、日本では下がっていると誤解されがちだがタイではそのディフェンス能力の高さもポイントとなるため、関係者は口々に「今日のカイトの動きはスワイ(美しい)だった」と高く評価。

 強豪チャッチャイに圧勝したことで、現在のペッティンディー系列のスーパーバンタム級では頭ひとつリードした感のある福田。次戦も同階級の強豪が対戦相手となる予定だが、勝ち抜いていけば同階級の「True4U」王座戦、そしてラジャダムナンスタジアム王座戦と確実に繋がっていくであろう。紛れもなく現在のムエタイシーンで最も活躍する日本人選手として大きな期待がかかる。

▶次ページは【動画】福田海斗が強豪チャッチャイに大差つけ勝利!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ムエタイ】福田海斗がラジャダムナンで『スック ペッティンディー』メインに出場=6.9

・【ムエタイSF】福田海斗またも快挙、クマンドーイからダウン奪う判定勝利でIMSA世界王者に

・【ムエタイSF】福田海斗、勝つの不可能と言われたルンピニー王者を下した理由語る

・【ボクシング】タイソン以来の耳噛み事件騒動!「相手はヒジ、身を守った」主張も後に謝罪

・【ONE】日本人の母を持つキック女王トッド、スペイン強豪フェルナンデスと激突!=7.22ムエタイ暫定王座決定戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧