TOP > 試合結果 一覧

【修斗】黒部三奈、韓国新鋭から一本勝ちでメインの大役果たす「プレッシャーすごいありました」

2022/07/17(日)UP

黒部三奈が一本勝ちでメインイベントの大役をはたした

サステイン
プロフェッショナル修斗公式戦 『PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.5』
2022年7月17日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント/第10試合 スーパーアトム級5分3R
〇黒部三奈(マスタージャパン東京/同級世界3位)
一本 2R 134秒 ※スリーパーホールド
●パク・ソヨン(GUNSAN ROAD GYM/韓国)

 前修斗女子スーパーアトム級世界王者の黒部三奈が韓国のパク・ソ・ヨンと対戦。

韓国の新鋭パク・ソ・ヨンはストライカーで、強烈なローとパンチを持っていた

 黒部は17年2月にDEEP JEWELSアトム級王座を獲得し、18年には“日本最強のアラフォー女子”としてRIZINにも参戦。その後、修斗に主戦場を移すと、20年8月に修斗女子初代スーパーアトム級王者に輝いた。今回は3年ぶりの国際戦となる。

 対するパク・ソヨン(GUNSAN ROAD GYM)は、その風貌とは裏腹に激しい乱打戦を好むストライカータイプ。削り合いなら黒部も望むところだろうが、19歳で怖いもの知らずなパクの勢いをどう止めるのか。無冠となって更に凄みを増した黒部の気迫溢れる試合に注目が集まりそうだ。

黒部は打撃でパクを崩すと寝技へ持ち込んだ

 1R、パクはローキックで足を狙う。黒部はパンチで攻撃。互いに様子を見る。ここで黒部はパンチから崩して組みつき、ボディロック。ダブルレッグから抱え上げて落とし、じっくり崩しながらサイドに回り、パウンド。あと少しだったが、ラウンド終了のゴングが鳴った。

 2R、黒部はパンチを主体に攻撃。パクは守りに入り、黒部が組みつき、再びダブルレッグで抱え上げてテイクダウンに成功。上からパウンド、ヒジ打ちを落とす。嫌がるパクは後ろを向いてしまい、ここで黒部がスリーパーホールドに。これが極まり、パクはタップ。黒部が一本勝ちを収めた。

バックを奪うとスリーパーホールドで一本勝ちを収めた

 マイクを握った黒部は「メインのプレッシャーすごいありました。始めた頃はチャレンジャーでいいんですけど、勝ってベルトを手にすると守りに入ってしまい、強さって何かなって考えてしまいます。難しいですね。言いたいのは、ディズニーシーでデートしたい! 誰か、いませんか!(笑)」と笑いをとった。

▶次ページは、内藤頌貴vs.山内渉、平川智也vs.根津優太

●編集部オススメ

・【修斗】前女王・黒部三奈と大道塾王者・岩﨑大河が韓国選手を迎え国際戦が決定

・【修斗】黒部三奈、杉本恵との打撃戦を制し初代女王に、安藤達也はTKO勝利で環太平洋王座に就く

・【空道】目黒雄太が前人未到のV7!岩﨑大河、大倉萌ら優勝=5.29北斗旗全日本

・【テレビ・配信】7.17『修斗』黒部三奈の国際戦、内藤頌貴vs山内渉、石橋佳大引退エキシなど生中継・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧