TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】透暉鷹が亀井晨佑に圧勝し暫定王者に、清水清隆は一本勝ちで有終の美、山北渓人が北方大地から王座奪取

2022/07/18(月)UP

スリーパーホールドで一本勝ちしベルトを巻いた透暉鷹(右)

パンクラス
『PANCRASE 328』
2022年7月18日(月・祝)東京・ベルサール高田馬場

【第2部】
▼メインイベント(第6試合) フェザー級暫定キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ 5分5R
〇透暉鷹(ISHITSUNA MMA/同級1位)
一本 4R 3分56秒 ※スリーパーホールド
●亀井晨佑(パラエストラ八王子/同級2位)
※透暉鷹が暫定王者に

 フェザー級第8代王者ISAOが練習中に怪我をしたことにより、透暉鷹と亀井が暫定王座戦で激突。透暉鷹は修斗2019年同級新人王。今年行われたフェザー級4-MAN TOURNAMENTでは、3月にリザーブマッチで名田英平に一本勝ち。1回戦を勝ち抜いた亀井の欠場により4月の決勝に進出すると、岩本達彦にTKO勝利し優勝を果たした。戦績は8勝3敗。

 対する亀井は3月のフェザー級 4-MAN TOURNAMENT1回戦で中田大貴に判定勝利するも、ダメージを考慮した主催者判断で欠場。そして今回、自身の代わりにリザーブから決勝進出した透暉鷹との対戦となった。戦績は6勝2敗。

 1R、透暉鷹が右ローをこつこつ当て、バックブローをクリーンヒット。ぐらつく亀井に飛びヒザで襲い掛かる透暉鷹は、組みついてテイクダウンと早くも主導権を握る。

 2R、ローからパンチにつないでプレッシャーをかける透暉鷹は亀井をテイクダウンするとサイドポジションへ。そのまま一気にアームロックを極めたが、ゴングで逃げられた。

 3Rも透暉鷹のペースは続く。亀井のタックルを潰すと上からパウンド。終了間際に腕十字をガッチリと極めたものの、これもラウンド終了のゴング。

 4R、組み付いた透暉鷹はテイクダウンして上のポジションを奪うとサイドポジションから腕十字へ。亀井がうつ伏せになって脱出するとそのままバックに付いてスリーパーへ。これがガッチリ極まり、透暉鷹が一本勝ちでベルトを巻いた。

▶︎次ページは清水清隆vs佐々木亮太

●編集部オススメ

・【パンクラス】UFC参戦を目指す“期待の超新星”鶴屋怜、1位の上田将竜と激突!=9.11

・【パンクラス】藤野恵実、再起戦で韓国期待の新人ファイターと激突!=9.11

・米国“ニンジャ”が戦慄の飛びヒザ蹴りKO!強烈な一発がアゴに直撃=LFA

・元UFC巨漢シウバが今度はボクシングでKO負け、僅か2週間で2度のKO負けに心配の声

・【Breaking Down】坂口杏里が参戦表明、過去の格闘技大会では強さの片鱗見せる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧