TOP > 試合結果 一覧

【BOM】石井一成、現ラジャトップランカーを秒殺KOでWBCムエタイ世界王座奪取

2022/09/24(土)UP

フィニッシュにつながったイッセイの強烈な左ボディブロー

BOMプロモーション
「BOM OUROBOROS 2022」
2022年9月23日(金・祝)東京・大田区総合体育館
▼メインイベント(第19試合) WBCムエタイ世界スーパーフライ級(52.16kg)王座決定戦 3分5R
●デットペット・ウォーサンプラッパイ(タイ)
KO 1R1分3秒 ※左フック
〇イッセイ・ウォーワンチャイ(=石井一成/ウォーワンチャイプロモーション)
※イッセイが新王者に

 イッセイは8月11日にK-1デビューを果たし、藤田和希から右ストレートでダウンを奪い、衝撃のKO勝利を飾った。イッセイは19年8月、ルンピニースタジアムで今回と同じくWBCムエタイ世界スーパーフライ級王座に挑戦したものの、当時チャンピオンだったタイのペットタイランド・ヨードムエポンラットに惜しくも判定負けを喫しており、3年ぶりにビッグチャンスが巡ってきた。

 その石井を迎え撃つデッペットは、ラジャダムナンスタジアムで現在スーパーフライ級1位にランキング入りし、先日同スタジアムで行われた第1試合で勝利したばかり。現役バリバリのムエタイの強豪を下し、石井は念願のWBCタイトル獲得なるか。

 1R、ゴングと同時に出たイッセイは右ローを連発。ローカットし切れないデットペットをロープ際に追い込んだイッセイは強烈な左ボディをお見舞い。ボディを押さえながら後退するデットペットに、イッセイは右ローから飛びヒザでダウンを奪う。

 何とか立ち上がるデットペットに、イッセイは左ボディ連打で悶絶させて左フック! この一撃で倒れたデットペットは立ち上がれず。KO勝ちで念願のWBC世界のベルトを巻いたイッセイは明日(24日)に誕生日を迎える父のでエクシンディコンジムの要代表にお祝いのメッセージを送った。

▶︎次ページは、朝陽・P.K.センチャイvs.ペイム・バンライカンケンドン、MIKE JOE vs. 喜多村誠

●編集部オススメ

・【BOM】吉成名高、左ヒジ打ち一撃でムエタイ王者KO! 世界初の3大ムエタイタイトル制覇を達成

・【BOM】石井一成がWBCムエタイ世界王座戦へ計量パス「テクニックとパワーで倒しにいきます」

・【BOM】朝陽、吉成名高に刺激「存在感も超えられるように、アピールできる勝ち方を」=IPCC世界王座決定戦

・【月間ベストファイター・7月】吉成名高が世界初!ムエタイ3大タイトル制覇の快挙、最強の秘訣とは

・オーストラリア人気女優、41歳でこの美しさ!驚異の“美くびれボディ”の秘訣はあの“格闘技”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧