TOP > 試合結果 一覧

【GRACHAN】GRAND王者・川中孝浩が渡辺良知に大逆転の一本勝ち!伊藤空也は韓国ハンヒョンに勝利

2022/12/05(月)UP

膝十字固めで逆転一本勝ちした川中

GRACHAN実行委員会
『GRACHAN58』
2022年12月4日(日)千葉・幕張メッセ国際展示10ホール
▼第16試合 (株)リモデルプロモーションpresents GRACHANウェルター級5分2R
〇川中孝浩(BRAVE/第3代GRANDウェルター王者)
一本 2R1分30秒 ※膝十字固め
●渡辺良知(SILVER BACK HOUSE)

 川中はオリンピックレスラーの宮田和幸に学ぶ、自身もレスリングエリート。5月の『GRACHAN 49』で長岡が保持するGRANDウェルター級王座に挑戦し完勝。
 対する渡辺は、ブラジリアン柔術の経験を持ちアマチュア修斗で活躍後、プロデビュー。DEEPを主戦場していたが、今回GRACHAN初参戦となった。なお、川中と渡辺は19年6月のDEEPで対戦し、渡辺が判定勝ちしている。

 1R、川中がタックルを仕掛けるも、テイクダウンした渡辺が上から抑え込む。スタンドの展開でも渡辺がリードし、川中はバランスを崩す。

 川中は渡辺の足をキャッチしヒールホールド狙いも潰されてしまう。スタンドから再開も渡辺がテイクダウンし上から抑え込み優位な印象を与えた。終了間際に上を取り返した川中がパウンドで反撃に出る。

 2R、渡辺の右ストレートで川中はダウン。渡辺がパウンド連打でトドメにかかると、川中は足をキャッチし膝十字へ。渾身の力で絞り込むと、渡辺はタップ! 

 大逆転勝利の川中は「渡辺選手とは4年前に戦って判定で負けました。再戦は絶対勝ってやるという気持ちがありましたが、危ない場面もあったんですけど、練習した技が決まって嬉しいです。まだまだ練習が足りないです。もっと練習して次はもっと強い僕を見せます」とマイクを握った。


マウントパンチで追い込む伊藤

▼第15試合 WOO-EAST(株)presents GRACHANバンタム級5分2R
〇伊藤空也(BRAVE/第6代GRACHANバンタム級王者)
判定3‐0
●イ・ハンヒョン(韓国/AWE/Crazy Gwang Gym)

 伊藤は強さを求め名門・BRAVEジムの門を叩いた熱血ファイター。禅道会仕込みの打撃とバランスの良いグラップリングで2020年9月に獅庵を下してGRACHANバンタム級王座を獲得。しかし、昨年12月に手塚基伸に一本負けを喫して王座陥落。前戦となった3月のRIZINでは魚井フルスイングに判定勝ちした。今回の相手ハンヒョンはMAX FCで9戦9勝という実績を持ちMMAに転向したストライカー。

 1R、開始早々にハンヒョンがタックルを仕掛けると、伊藤はフロントチョークで迎撃。スタンドの展開に戻ると、伊藤はタックルでテイクダウン。上から抑え込んでパウンド、ヒジで追い込む。下のハンヒョンは三角絞め、腕十字を狙うも、伊藤は対処し腕十字を仕掛ける。

 2R、テイクダウンした伊藤はマウントポジションからパウンド、ヒジ連打。ハンヒョンはTKシザースで脱出するも、伊藤はそのまま抑え込んでハンヒョンに反撃のチャンスを与えない。判定勝ちした伊藤はベルト奪還をアピールした。

▶︎次ページは、ロクク・ダリvs.林RICE陽太、桜井隆多vs.荒東 怪獣キラー 英貴、瓜田幸造vs.ハシモト・ブランドン

●編集部オススメ

・【GRACHAN】“極真世界王者”上田幹雄がMMA2戦目、韓国の”セミプロ無敗”と対決「ここから這い上がる」=12.4

・【GRACHAN】幕張メッセ大会で無差別級、フェザー級トーナメント準決勝を開催=12.4

・【GRACHAN】桜井隆多が20kgの体重差はねのけ、ラデックに逆転TKO勝ち

・【GRACHAN】無差別級T1回戦で荒東怪獣キラー英貴がTKO勝利、フェザー級は鍵山雄介が延長TKOで勝ち進む

・【GRACHAN】伊藤空也と阿仁鬼のグラップリングはドロー、無差別級T一回戦はハシモト・ブランドンがTKO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧