TOP > 試合結果 一覧

【修斗】山本琢也が健斗デリカットをパウンド連打で沈める、ロイベが加藤ケンジとの打撃戦を制してTKO勝ち

2023/01/15(日)UP

山本琢也(上)は山本健斗デリカットをパウンド攻撃で沈めた

サステイン
『プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2023 開幕戦』
 2023年1月15日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第9試合) フェザー級5分3R
●山本健斗デリカット(総合格闘技道場コブラ会)
TKO 2R 0分27秒 ※パウンド連打→レフェリーストップ
〇山本琢也(パラエストラ千葉/元GRACHANライト級・フェザー級王者)

健斗デリカット(左)は山本琢也(右)のプレッシャーを受けた

 メインイベントは山本健斗デリカットと山本琢也の対決。山本琢也はGRACHANフェザー級、ライト級の2階級を制し、2021年にはRIZINにも参戦。フィジカルとハートの強さを持ち合わせる。

 対するデリカットは2016年の修斗ライト級新人王で、ラグビーで培ったフィジカルと、関西の名門・コブラ会で鍛え上げた技術を武器とする。デリカットは現在フェザー級ランキング2位、この試合の勝敗が2023年ランキングに大きく影響することは確実だ。

琢也が打撃をヒットさせた

 1R、サウスポー構えのデリカットに対して琢也は、パンチを打ちながら組みつきバックにつく。ボディロックした琢也は何度もリストアップして投げる。このボディロック地獄から脱出したデリカットは、反撃したいものの琢也のパンチを受けてダウン。琢也がパウンド攻撃をしたところでラウンド終了。

 2R、琢也は試合が始まると猛攻を仕掛ける。倒れるデリカットに琢也がパウンド攻撃を繰り返すと、レフェリーが試合をストップした。

琢也は家族と記念撮影

 TKO勝ちの琢也は「久しぶりの試合で、感謝の気持ちを伝えたくて勝てて良かったです。デリカット選手、大阪から来てくれてありがとうございました。2位の選手を倒したので、次、(ベルトを)お願いいたします」とベルト挑戦をアピールした。

▶次ページは、加藤ケンジvs.ロイベ・デ・オリベイラ・ネイト、黒部三奈vs.渡辺彩華

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】1.15『修斗』放送・配信情報

・【修斗】GRACHAN2階級制覇・山本琢也が初参戦で山本健斗デリカットと対戦=1.15

・【GRACHAN】山本琢也がパウンド連打で鍵山雄介にTKO勝利、2階級制覇でRIZIN出場をアピール

・井上尚弥、明らかに違うマッスル度!バンタム級の4年半の筋肉の変化

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧