TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】一航が愛瑠斗を完封し王座防衛成功! 皇治が熱視線のNARIAGARI出場の矢島直弥がKO勝利

2023/01/22(日)UP

一航(左)は愛瑠斗(右)を完封した

ビッグバンプロモーション
『Bigbang・統一への道 其の44』
2023年1月22日(日)東京・後楽園ホール
▼第11試合 メインイベント第2試合 Sバンタム級タイトルマッチ 3分3R ビッグバンルール
〇一航(新興ムエタイジム)
判定3-0 ※30-28×2、30-27
●愛瑠斗(=えると/健成会)

 Sバンタム級タイトルマッチで一航と愛瑠が激突。一航はNJKFのトップファイターで、WBCムエタイ日本統一バンタム級王座をはじめ、過去3本のベルト戴冠歴がある。昨年9月に鬼山桃太朗に勝利しBigbang Sバンタム級王座を獲得、晴れて4冠王に輝いた。

愛瑠斗は蹴りで意地を見せたが判定に泣いた

 対する愛瑠斗はKrush-EX、Krushで戦歴を積み、現在6戦4勝(2KO)2敗。昨年2月には「K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」のリザーブファイトに選出され、倉田永輝と対戦した(愛瑠斗が1R KO負け)。

 1R、一航は中央を陣取り、愛瑠斗に攻撃をさせる印象。愛瑠斗は、右のパンチからローキックを飛ばす。一航は、左の素早い攻撃から右ロ―キックをヒット。愛瑠斗は積極的も、一航がペースをつくる展開となった。

一航は王座防衛に成功

 2R、一航は左フックを顔面へヒット、そこから右へつなげる攻撃。愛瑠斗はカーフキックを返す。一航は強烈な左ボディを入れる。下がる愛瑠斗に、一航はさらに左を狙う。右の蹴りを入れつつ、左の攻撃でダメージを与える一航の攻勢が目立った。

 3R、一航はプレッシャーをかけながら左を放つ。愛瑠斗はパンチをヒットしたいも、一航の蹴りに苦戦する。一航は左フックをヒットすると、愛瑠斗の動きが止まる場面も。さらに一航は、右ミドルキックで攻撃。愛瑠斗もパンチを返すが、一航を崩すことができず。一航は3-0で勝利を収めた。

 王座を防衛した一航は、「自分が目標にしている倒す選手を目指しているんですが、倒せずにすみません。次は倒せるように、もっともっと練習してきます」と挨拶した。

▶次ページは、萩原秀斗vs.板橋武留、城戸康裕vs.実方宏介

●編集部オススメ

・【ビッグバン】体重差50kg以上!? 城戸康裕と実方宏介のエキシ決定、Sバンタム級タイトルマッチは一航vs愛瑠斗=1.22

・【ビッグバン】山際和希が団体史上初のワンデーT制覇!城戸康裕、蹴りで相手の腕を破壊し貫禄のKO勝利

・皇治「成り上りたいやつ、出てこい!」新団体の立ち上げ、選手募集に「1日で500人の応募」=2.5大阪

・【NARIAGARI】髪をつかむ乱闘勃発、突然ヅラが外れ”何やこれ!”乱闘ストップに皇治ニヤける

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧