TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】“強いみやぞん”高木覚清、大輝を下してミドル級新王者に!目黒翔大、竹添翔太も王座を戴冠

フォロー 友だち追加
2024/03/10(日)UP

高木(右)は大輝(左)を下した

ビッグバンプロモーション
『ビッグバン・統一への道 其の48』
2024年3月10日(日)東京・後楽園ホール
▼第12試合 メインイベント第2試合 ミドル級王座決定戦 3分3R延長1R ビッグバンルール
●大輝(ハリケーンジム/Bigbangウェルター級王者)
判定0-3 ※28-30×2、28-29
○高木覚清(RIKIX/ミドル級)
※高木が新王者に

大輝はボディ打ちで反撃

 大輝は地下格闘技やAJKN(オールジャパンキックボクシングネットワーク)で試合を重ね、プロ3戦目で元MA日本ミドル級王者・井原浩之を判定で下してAJKN王者に。昨年4月に野村太一を破ってBigbangウェルター級王座を獲得。前回は昨年12月に体重超過の上、畠山隼人に判定負け。2連敗を喫し、不良キャラは封印すると語りつつも「みやぞんに似ている」と芸人でタレントのみやぞんに顔が似ていると高木を挑発した。

 対する高木は、戦績19戦11勝(3KO)7敗1分。前回は昨年12月に藤村大輔と対戦。藤村が偶然のバッティングで出血してドクターストップとなり、2Rまでの裁定となったが判定勝利した。

高木はボディ打ちで追い込んだ

 1R、サウスポー構えの大輝は右フックを軽く振り回す。高木は右ミドルキック、ローキックと蹴りを散らす。大輝は動きながら右アッパー、左のパンチを放つ。圧力をかける高木は強烈なローキックでダメージを与える。大輝は飛びヒザ蹴りで反撃。さらにボディブローをヒットさせる。

 2R、高木はローキックを出しながら前へ出ると、ミドルキック、ボディ打ちをまとめる。下がる大輝はノーモーションの右、左ボディとつなげる。高木は三日月蹴り、ローキックとダメージを与え、一気に畳みかける。大輝はカウンターのパンチ、飛びヒザ蹴りも単発で終わる。

“強いみやぞん”高木が新王者に!母親の腰にベルトを巻いた

 3R、やや押され気味の大輝は、右の強打、左ボディ打ちへつなげる。高木は奇声を発しながら、ローキック、ミドルキック、ヒザ蹴りを畳みかける。大輝は失速し、高木のボディ打ちに苦しむことに。最後まで大輝は攻撃をするも、高木の勢いを止めることはできなかった。判定は3-0で高木が勝者となった。

 新王者となった高木は勝利マイクで「たくさんの応援ありがとうございました。応援がなかったら、練習を乗り越えられなかったです。これからも守りに入らず、強い相手と戦って価値を上げたいと思います」と挨拶し、母親とツーショット写真に収まった。

▶次ページは、石田勝希vs目黒翔大、竹添翔太vs久保一馬

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【ビッグバン】大輝、2階級制覇へ計量パス!高木覚清を「みやぞん!」と挑発も=3.10後楽園

・【ビッグバン】ミドル級王座決定戦で大輝vs高木覚清、ライト級とフェザー級でも王座戦が決定=3.10

・ジョシュア、元UFC王者ガヌーを2回で豪快KO!大の字しばらく立てず=試合結果

・”ヘビー級の大迫力”元王者ジョシュアと元UFC王者ガヌーが計量パス!ジョシュアは連打予告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧