TOP > ニュース

【K-1】左右田泰臣とウルティモ・ドラゴンが緊急合体

2018/02/21(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

プロレスのトレーニングの基本であるスクワットをする左右田(左)

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』に出場する、元RISEスーパー・ライト級王者の左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ)が2月21日(水)都内にて公開練習を行った。左右田はKrush -65kg王者・中澤純(TEAM Aimhigh)と対戦する。

 今回の公開練習は趣向を変え、プロレスラーのウルティモ・ドラゴンが指導するというもの。左右田は記者会見時や入場時にマスクを着用し、“K-1初のマスクマン”を名乗っている。マスクマンとしてさらに進化すべく、世界を股にかけて活躍するマスクマンであるウルティモとのトレーニングを志願したのだという。

ロープワークにも挑戦。K-1のリングでも見せるのか

 トレーニングはウルティモと左右田の完全マンツーマン形式で、スクワット、ジャンピングスクワット、プッシュアップバーを使っての腕立て伏せ、首を鍛えるトレーニングなどプロレスにおける基本的なものからスタート。それが一通り終わるとリングを使ったロープワーク、ウルティモの得意技でもあるソバット(後ろ蹴り)の実演指導も行われた。

 練習終了後、ウルティモは「最初に話をいただいた時に、K-1ファイターにルチャリブレ(メキシコのプロレス)を教えるのはどうかな? と思いましたが、左右田選手が子供の頃からプロレスが好きで、プロレスラーに憧れていたという話を聞いて、K-1ファイターなのにプロレスを好きでいてくれて嬉しかった」と語る。

ウルティモの得意技、ソバットも習った

 左右田は「ロープワークひとつとってもこんなに痛いんだ…と思って、それを当たり前にやっているプロレスラーの方の偉大さを感じました。今日教わったことはしっかり自分の中に取り入れたいと思います」と話し、ウルティモは「K-1の経験がない私からは直接的なアドバイスは出来ません。今日教えたことで自分に合う、合わないがあると思うので、自分に合うものを取り入れて、それが左右田選手にとってヒントになればいいと思う」とアドバイスを送った。

 その後は左右田がウルティモに「僕は2年前に初めて3連敗して、もう格闘技を辞めようと思った時にマスクを被ろうと思いました。ウルティモ選手はマスクを被って何が変わりましたか?」と質問するなど、マスクマンとしての心得を聞く流れに。

 質問を受けたウルティモは自身がマスクマンになった経緯を説明したうえで「左右田選手も思うところがあってマスクを被ったわけだから、それはいいことだと思う。これから格闘技をやっていけばいろいろなことがあると思うけれど、勝っても負けてもリングに立つ時は気持ちが大事。絶対に勝てると思ってリングに上がらないとダメで、そうすればもっともっといろいろなことが変わる」とメッセージ。

 さらに左右田が戦いのテーマとして掲げる「LIBERTAD(リベルタ)」(※スペイン語で自由の意味)についても「ルチャリブレは“自由への戦い”や“自由を手に入れるための戦い”という意味で、自由を手にするためには義務も発生する。ただ自由を手にするだけではなく、自由になって何をしたいのか? そこまで考えることで左右田選手のやりたいことが決まるし、それを考えればもっともっと結果が見えてくる」と熱く語った。

【大会・チケット情報】 3・21 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」

●編集部オススメ

・因縁の再戦も、王者・中澤を哀れむ左右田

・中澤、左右田との性格の合わなさが闘志に直結

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース