TOP > ニュース

【Krush】王者・KANA、初防衛戦の相手はオセアニアのベルトコレクター

2018/04/08(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

世界の強豪と戦い続けるKANA(左)。初防衛戦の相手はムエタイベルトコレクター。

 5月17日(木)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.88』で初防衛戦を行う事が決定していた、第4代Krush女子フライ級王者KANA(25=K-1ジム・シルバーウルフ)の対戦相手が発表された。
 
 KANAのタイトルに挑戦するのはWMC 52kgオセアニア王者キム・タウンセンド(29=オーストラリア)。Krush初参戦のキムはオセアニアを主戦場に戦い、ムエタイルールのタイトルを5つ獲得している実力者。戦績は31戦23勝(2KO)8敗で、構えはオーソドックスだ。

3月、ロシアの刺客ポリナ(右)に完勝したKANA

 キムは「KANAにはスピードがあって好戦的な選手という印象がある。ただし私も自分のテクニックに自信があるし、KANAのことを特に怖いとは思わない。日本のファンが注目しているKANAを倒して、自分の存在を日本のファンにアピールしたい」と、KANAを喰って日本で名を上げたいとコメント。
 
 一方、王者として迎え撃つKANAは「(キムは)キャリアも戦績も多く色んな引き出しがある選手なのかなと思います。女子Krushを盛り上げるのは自分しかいない。だから自分は勝って王者として居続けます。

KANAはどのベルトよりもKrushのベルトの方が上だと証明できるか

 今回は勝つ事は最低条件、どんな相手が立ち向かってきても自分が求める勝ち方で勝つ。倒して終わる。見て下さるお客さんに最高の勝利を見せられるようにします。このKrushのベルトこそ世界最高だということを証明します」と、自分が王者で居続けて女子Krushを盛り上げたいと話した。
 
 3月、さいたまスーパーアリーナで行われた新生K-1史上最大のイベント『K’FESTA.1』に、女子選手として初めてK-1のリングに立ったKANA。試合ではロシア人選手のポリナ・ぺトゥホーヴァに完勝し、さらに進化した強さを見せ付けている。

<決定対戦カード>
▼Krush女子フライ級タイトルマッチ 3分3R延長1R
KANA(25=K-1ジム・シルバーウルフ/Krush女子フライ級王者)
vs
キム・タウンセンド(29=オーストラリア/WMC 52kgオセアニア王者)

【大会・チケット情報】 5・17 Krush実行委員会「Krush.88」

●編集部オススメ

・K-1で勝利したKANAが凱旋、初防衛戦に臨む

・KANAが美しき刺客からハイキックでダウンを奪う圧勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース