TOP > ニュース

【ボクシング】井上尚弥にKO負けのマクドネル、体調は「最高の状態だった」

2018/05/26(土)UP

体調は万全、昨日の計量から大幅に体重を戻して試合に挑んだマクドネル(中央)

 525日(金)東京・大田区総合体育館にてWBA世界バンタム級タイトルマッチが行われ、王者ジェイミー・マクドネル(32=イギリス)が同級2位の井上尚弥(25=大橋ジム)に1R150秒でTKOで負けたことについて試合後、マクドネルが会見を開いた。

 前日計量で別人のような痩せこけた体で登場し、脱水状態とも噂されたが、当日は前日計量よりも12kg体重を増やしたたマクドネル。コンディションについては「最高の状態に作り上げることが出来た」と良好だったとコメントした。

前日計量ではゲッソリ別人のマクドネル

 1RTKO負けしたことについては「井上選手は本当に強かった。前回の試合でバンタム級は最後としていたが、井上と対戦するビッグチャンスが巡って来たので、この階級に戻ってきた。井上はグレート、パンチもあって素晴らしいファイターだ。地球上で1番強いバンタム級の選手と戦えた。1番効いたのは左フック」と試合中盤に上から大きく振りかぶった井上の左フックを食らいバランスを崩し、そこから左のボディブローでのダウンにつながった。

開始30秒は攻撃を出していたマクドネル

 試合後、井上が賞金総額50億円とも言われる世界の各団体のチャンピオンが参加するトーナメント『WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)』のバンタム級に参戦を表明したことについては
「井上は私を倒しトーナメントに参戦するのだから、勝てるチャンスは充分ある。私も勝ってチャンスを得たかったが、井上はグレートだった」と賞賛。 

マットに崩れ落ちるマクドネル

 また、マクドネルのマネージャーであり、プロモーターのエディー・ハーン氏は「99%の人達が、昨日の減量を(マクドネル)が乗り越えることが出来ないと思っていただろうが、マクドネルは井上選手、日本のファン、そしてボクシングに対してリスペクトの気持ちがあり、コンディションを作り上げた。井上選手は本当に素晴らしいチャンピオンだと思う」と井上を讃えた。

 マクドネルは今後について「次は階級を上げて身体を作ってチャレンジしたい」と井上との対戦が決まる前に予定していた通り階級を上げ現役を続行するとした。

 ♢ジェイミー・マクドネル=1986年3月生まれの32歳。2014年5月にWBA王座を獲得。これまで5度の防衛に成功しており、2015年5月と9月に亀田和毅と2度対戦して2度目と3度目の防衛。2016年11月には山中慎介とも対戦したリボリオ・ソリスにも判定勝ちしている。この井上戦が6度目の防衛戦で10年間無敗の王者だった。

●編集部オススメ

・井上がKO勝利で3階級制覇「WBSSに出場します」

・王者マクドネルが1日の減量でゲッソリの別人に井上尚弥も驚愕、遅刻の理由も

・井上尚弥が計量に70分遅刻の王者に怒り「KOで締める」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース