TOP > 選手名鑑 一覧 >藤原あらし (M-FIGHT)

ふ】

 

藤原あらし (Fujihara Arashi)
(1) 1978年12月22日 (2) 和歌山県
(3) 164cm・53.0kg (4) バンゲリングベイ・スピリット←S.V.G.

(5) M-1、全日本キックボクシング連盟
(6) 2002年1月4日=佐手康人(全日本キック:後楽園ホール)
(7) LPNJバンタム級王者(防衛回数:0) 
・第2代WBC日本バンタム級王者
・WPMF世界スーパーバンタム級王者
・全日本バンタム級王者
・2005年MACH55トーナメント王者
(8) 左ミドルキック
(9) サウスポー
(10) キックボクシング
[戦績]78戦52勝(34KO)17敗9分 
ラウェイ:1戦1分
ブログ:あらしの台風一家 ~青空と愛波と時々オトンはふとん

~全戦績~

2017年4月2日「MuayThaiOpen38」 
東京・新宿FACE
○【3R TKO】ラチャシー・ノーナクシン・トーキョー(タイ)

2016年12月25日「MuayThaiOpen 37 & LumpineeBoxingStadium of Japan」
東京・ディファ有明
●【5R判定0-3】佐々木雄汰(尚武会)
※LPNJスーパーフライ級タイトルマッチ

2016年11月5日「ZONE extra」
東京・大井競馬場L-WING前広場 
○【2R TKO】カーチャナウィラサックレック(タイ)

2016年10月2日「MuayThaiOpen36」
東京・新宿FACE
○【1R1分23秒 KO】ガイパー・13リアンエクスプレス(タイ)

2016年9月11日「KICKBOXING ZONE 5 沖縄大会」
沖縄・ネーブルカデナ3Fカデナアリーナ
○【3R1分31秒 TKO】チェン・ユーシー(榕城武館)

2016年7月17日「MuayThaiOpen35 & LumpineeBoxingStadium of Japan」
東京・ディファ有明
○【3R判3-0】萩原秀斗(エイワスポーツジム)
※LPNJバンタム級タイトルマッチで初代王座に 

2016年5月1日「ZONE 4 『原点回帰』」
神奈川・横浜文化体育館
○【2R2分55秒 TKO】キム・ドンセン(韓国)

2016年3月27日「FIGHT COLLECTION in 沖縄 K-SPIRIT13」
沖縄コンベンションセンター展示棟
○【4R1分59秒 TKO】若山龍嗣(DRAGON)

2016年2月7日「MuayThaiOpen 34」
東京・新宿FACE

●【5R判定0-3】片島聡志(WSR池袋) 

2015年12月13日「MuayThaiOpen33 & Lumpinee Boxing Stadium of Japan」
東京・新宿FACE
●【1R1分34秒 KO】小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺) 

2015年10月24日「スックムエタイ ルンピニークリッククライ」
タイ・ルンピニースタジアム
○【5R判定】ブロディ―・WMCムエタイ(オーストラリア)

2015年9月13日「ZONE 3 沖縄大会」
沖縄・ネーブルカデナ3Fカデナアリーナ

○【2R1分29秒 TKO】SIDEN(契明) 

2015年8月22日「スック・ルンピニー・グリッククライ」
タイ・バンコク・ルンピニースタジアム
○【2R TKO】マロンチャイ・オーブンチュアイ(タイ)

2015年5月2日「ZONE×REAL 第二章 第1部 ZONE 2」
神奈川・横浜文化体育館

○【4R2分06秒 KO】カルロ・パウパッダ(イタリア)

2015年4月5日「蹴拳25」
東京・ディファ有明

●【5R判定0-3】ゲンガー・ポーペッコォー(タイ)
※ルンピニースタジアム認定スーパーフライ級タイトルマッチ 

2015年1月31日「蹴拳24(ルンピニースタジアム認定スーパーフライ級ランキング査定試合)」
東京・ディファ有明

○【5R判定3-0】ノンタ・チャイギャコーウィッ(タイ) 

2014年11月9日「KICKBOXING ZONE
東京・後楽園ホール

○【2R0分33秒 KO】井口摂(BADASS13)

2014年10月12日「蹴拳22」
東京・ディファ有明

●【5R判定0-3】ナッタポン・ナーチュアウイッタヤコム(タイ)
※ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級タイトルマッチ 

2014年9月7日「TNT 5th」
東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX

○【3R判定3-0】ピンポンパン(タイ)

2014年5月18日「蹴拳18(ルンピニースタジアム認定スーパーフライ級ランキング戦)」
東京・ディファ有明

○【5R判定2-0】ゴンプートーン・ノーノップヒラン(タイ) 

2014年2月1日「M-FIGHT~蹴拳15~Part.2」
東京・ディファ有明

○【1R1分21秒 KO】カムチャック・カーオ(タイ)

2013年9月21日「LETHWEI CHALLENGE FIGHT MYANMAR vs. JAPAN 2 on 2」
ミャンマー・ヤンゴン テンピュースタジアム
△【5R時間切れ】ニャン・リン・アウン(ミャンマー) ※ラウェイルール

2013年1月6日「RISE 91/M-1MC ~INFINITY.II~」
○【1R2分22秒 KO】ペップノーイ・パリシャー(タイ)



2012年9月15日「新日本キック TITANS NEOS 12」
△【3R判定1-0】エッガラート・KBA(タイ)

2012年7月22日「新日本キック MAGNUM 29」
●【1R2分36秒 KO】江幡睦(伊原道場)

2012年3月25日「M-1ムエタイチャレンジ Sutt Yod Muaythai vol.1(ルンピニースタジアム認定査定試合)」
●【5R判定0-2】チョークナムチャイ・シッヂャークン(タイ)

2012年1月22日「REBELS.10」
●【5R判定0-3】ポーンモンコン・K.T.ジム(タイ)

2011年12月4日「FIGHT CLUB 1」
○【1R2分17秒 KO】川井りん太郎(Kインター柏)

2011年7月18日「REBELS×IT’S SHOWTIME ~REBELS.8 & IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-1~」
○【5R判定2-0】闘魔(新宿レフティー)

2011年6月12日「M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ「がんばろうニッポン!RAORAK MUAY vol,2」
○【5R2分59秒 KO】カンティポン・トーピタゴンラカン(タイ)

2011年4月17日「新日本キック TITANS NEOS IX」
○【4R2分45秒 TKO】池田茂由(伊原)

2011年4月10日「M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ『RAORAK MUAY vol,1』」
○【3R0分42秒 KO】ナロンチャイ・ドラゴンテイルジム(タイ)

2010年12月30日「戦極 Soul of Fight」
○【5R判定3-0】江幡睦(伊原道場)

2010年12月1日「Fujiwara Festival~藤原祭り2010~」
●【5R判定0-3】クワンピチット・13コインエクスプレス(タイ)

2010年11月3日「激突III」
○【2R1分47秒 KO】山本ノボル(契明)

2010年9月26日「The Path to the World Champion WBCムエタイ世界王者への道」
○【4R1分17秒 TKO】山本ノボル(契明) ※WBCムエタイルール日本統一バンタム級王座決定戦で第2代王者に

2010年7月19日「REBELS 3」
○【3R1分18秒 KO】TOMONORI(OGUNI GYM)

2010年6月6日「M-1 RAJA BOXING SINGHA BEERムエタイチャレンジ 『NAI KANOMTOM vol.2』」
○【4R判定3-0】サイヤノーイ・ルークフアタノン(タイ)

2010年1月23日「REBELS」
●【5R判定0-2】ノラシン・ギャットプラサンチャイ(タイ)

2009年11月8日「M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ2009 Yod Nak Suu vol.4」
△【5R判定0-0】デーンチャイ・シットオー(タイ)

2009年9月13日「M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ2009 Yod Nak Suu vol.3」
○【5R判定2-0】ワンロップ・ウィラサクレック(タイ) 
※WPMF世界スーパーバンタム級タイトルマッチで新王者に

2009年6月21日「全日本キック 小林聡プロデュース 野良犬電撃作戦2009」
●【3R1分30秒 KO】ピンサヤーム・ソー.アムヌアイシリチョーク(タイ)

2009年3月1日「M-1 FAIRTEXムエタイチャレンジ2009『Yod Nak Suu vol.1』」
△【5R判定1-0】アピラック・KTジム(タイ)

2009年1月18日「ムエローク Japan 2009 ~最大最強のムエタイ祭り~」
△【5R判定1-1】ヨックモラゴット・ペットフォーカス(タイ) 
※WPMF世界バンタム級王座決定戦

2008年11月9日「M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ Legend of elbows2008~JAO SUU~」
○【3R1分10秒 KO】テッパラート・ウィラサクレック(タイ)

2008年9月19日「全日本キック SWORD FIGHT 2008~日本VSタイ5対5マッチ~」
●【判定0-2】チャートピチット・トー.ポンチャイ(タイ)

2008年6月8日「M-1 FAIRTEX Legend of elbows 2008 ~MIND~」
●【3R2分43秒 TKO】コムサン・ペッポートーン(タイ)

2008年4月26日「全日本キック Spring Storm」
○【2R0分42秒 KO】ロームラン・オー.ベンジャマー(タイ)

2007年12月7日「全日本キック Fujiwara Festival ~藤原祭り2007~」
△【5R判定1-1】前田尚紀(藤原)

2007年10月25日「全日本キック 浪漫 Kick Return Kickboxer of the best 60 Tournament ~決勝戦~」
○【5R判定3-0】ワンロップ・ウィラサクレック(タイ)

2007年8月25日「全日本キック 浪漫 Kick Return Kickboxer of the best 60 Tournament ~開幕戦~」
○【4R2分06秒 TKO】寺戸伸近 
※全日本バンタム級選手権試合で初防衛に成功

2007年6月17日「スッグ・ラジャダムナン・チューチャルーン」
○【4R2分22秒 TKO】ルークゲーオ・ギャットトー.ポー.ウボン(タイ)

2007年4月15日「全日本キック New Deal」
●【3R2分19秒 KO】コムパヤック・ウィラサクレック(タイ)

2007年3月9日「全日本キック Departure ~野良犬FINAL~」
△【5R判定0-1】山本真弘(藤原)

2006年11月23日「NJKF ADVANCE X ~前進~」
●【5R1分26秒 KO】米田貴志 
※真王杯 55kgトーナメント決勝戦

2006年9月24日「NJKF ADVANCE VIII ~前進~(真王杯 55kgトーナメント準決勝)」
○【5R判定3-0】国崇

2006年7月22日「NJKF ADVANCE VII ~前進~(真王杯 55kgトーナメント一回戦)」
○【4R2分08秒 KO】岩波祐次

2006年6月11日「全日本キック Triumph」
○【3R判定3-0】チェ・ジンスン(韓国)

2006年4月21日「全日本キック 初代全日本スーパーウェルター級王座決定トーナメント決勝戦」
○【3R1分50秒 KO】ラジャサクレック・ソー.ワラピン(タイ)

2005年10月16日「全日本キック SWORD FIGHT」
●【2R0分20秒 KO】ワンロップ・ウィラサクレック(タイ)

2005年7月31日「J-NETWORK GO! GO! J-NET ’05 ~MACH 55 1st 決勝~」
○【5R判定3-0】真二 
※MACH 55 first 決勝戦

2005年5月6日「J-NETWORK GO! GO! J-NET ’05 ~MACH 55 1st 準決勝~(準決勝戦)」
○【3R1分47秒 TKO】藤原国崇

2005年3月2日「J-NETWORK GO! GO! J-NET ’05 ~MACH 55 1st 開幕戦~(一回戦)」
○【3R2分45秒 KO】関健至

2004年11月19日「全日本キック The Championship」
○【1R2分42秒 KO】真後和彦 
※全日本バンタム級王座決定戦

2004年8月22日「全日本キック SUPER FIGHT ~LIGHTNING~」
△【5R判定1-0】ダーウサウィン・ギャットラタポン

2004年6月18日「全日本キック 全日本ライト級最強決定トーナメント2004 FINAL STAGE」
○【3R判定3-0】辻直樹

2004年4月24日「PAIN and GROLY(イギリス)」
△【5R判定】デメイン・トライナー

2004年3月13日「全日本キック 全日本ライト級最強決定トーナメント2004 1st STAGE」
○【3R0分48秒 KO】キム・ユドン

2004年1月4日「全日本キック Wilderness」
○【3R判定2-0】浦林幹

2003年8月17日「全日本キック HURRICANE BLOW」
●【5R判定0-3】平谷法之 
※全日本バンタム級王座決定戦

2003年6月20日「全日本キック DEAD HEAT(全日本バンタム級王座決定トーナメント準決勝)」
○【3R1分36秒 KO】YUTAKA

2003年3月8日「全日本キック 全日本ライト級最強決定トーナメント」
○【4R0分57秒 KO】ラビット関

2002年12月8日「全日本キック BACK FROM HELL-II」
○【2R2分48秒 KO】牧裕三

2002年10月17日「全日本キック Brandnew Fight」
○【延長判定2-0】平谷法之

2002年9月6日「全日本キック GOLDEN TRIGGER(全日本フェザー級王座決定トーナメント準決勝)」
○【2R1分49秒 KO】黒田道鷹

2002年9月6日「J-NETWORK J-BLOODS III」
△【3R判定0-0】黒田道鷹

2002年4月12日「全日本キック Rising Force」
○【3R判定3-0】中込陽介

2002年3月17日「全日本キック OVER the EDGE」
○【3R2分01秒 KO】大橋和夫

2002年1月4日「全日本キック KICK MIND」
○【2R2分12秒 KO】佐手康人

TOP > 選手名鑑 一覧 >藤原あらし (M-FIGHT)

イベント日程
2012年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る