TOP > 試合結果

【ビッグバン】谷山が硬式空手世界王者からダウンを奪って快勝

2014/06/01(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲谷山(右)の右ストレートが竹林(左)の首を捻じ曲げる

谷山ジム
「ビッグバン・統一への道 其の十七」
2014年6月1日(日)東京・ディファ有明

▼メインイベント第2試合(第16試合) 64kg契約 ビッグバンルール 3分3R
谷山俊樹(谷山ジム/Bigbangスーパーライト級王者)
判定3-0 ※三者とも29-26
●竹林秀謙(ネクストジャパン チーム秀心/硬式空手道世界王者)

 これまでのビッグバンは谷山ジム三羽烏のうち城戸康裕駿太がメインイベントを務めることが多かったが、今回は谷山がメインの大役を任された。対する竹林は空手道秀心塾の代表で、硬式空手道世界王者の肩書きを持つ。

 1R、竹林が勢いよくハイキックとパンチで攻めると、谷山もハイを繰り出して応戦。前半はかなり重い攻撃を繰り出していた竹林だが、後半は谷山のハイ、ミドルキックが目立つ。

 2R、竹林は右ストレートを繰り出すが、谷山がボディへのヒザからパンチでダウンを奪う。その後もボディへのヒザとパンチの連打で圧倒。

 3R、右に左にと構えを変える竹林は右ストレート左ロー。しかし、谷山が右ミドルを何度もヒットさせ、パンチとヒザ蹴りで追い込んでいく。谷山が顔面へのヒザ蹴りでダウンを奪ったが、これは反則となる相手をつかんでの連続攻撃だったため、減点1が与えられた。

 再開後、最後の力を振り絞る竹林に谷山は連打を浴びせ、右フックの連打でダウンを追加。竹林がカウント9で立ち上がったところで試合終了のゴングが鳴り、谷山が大差の判定勝ちを収めた。

 谷山は「身を削ってでもビッグバンを大きくしていきたい。みんなが望むカードを実現させて、とにかく盛り上げていきたい」とマイクアピールした。


(右)の出入りの速いワンツーが何度も決まった

▼メインイベント第1試合(第15試合) スーパーバンタム級 ビッグバンルール 3分3R
(チームドラゴン)
判定3-0 ※30-29、30-29、29-28
出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット/Bigbangスーパーバンタム級王者)

 今年2月にビッグバン王者となった出貝が、今年1月にKrushのタイトルマッチを経験したを迎え撃った。ビッグバンvsKrushの図式となる軽量級トップ対決。

 1R、出貝がプレッシャーをかけて前に出ていくが、匠は飛び込んでのワンツーをヒットさせる。この出入りのスピードに出貝はなかなか対応出来ない。

 2Rになると出貝はジャブ、ロー、ミドルキックで距離を取り、匠が前に出てくるとステップバックしてワンツーを当てさせず、先にヒザ蹴りを放つ。匠も後半はパンチ連打で攻め入る。

 3R、出貝が右ストレートを的確に当てていくが、匠はワンツーを主体としたパンチ連打。匠の手数が上回り、判定3-0でビッグバン王者を降した。

 匠はマイクを持つと、「自分はKrushで大事に育てられたので、ビッグバンのチャンピオンと戦って勝ててよかった。自分に自信が持てました。僕たちチームドラゴンは無敵なので、どんな団体にも負けません! Krush最高!」と雄たけびをあげた。


▲水町(左)のヒザ蹴りが藤田(右)のアゴを突き上げた

▼セミファイナル(第14試合) 63kg契約 ビッグバンルール 3分3R
水町 浩(士魂村上塾/元MA日本スーパーライト級王者、元MA日本ウェルター級王者)
KO 2R1分40秒 ※ヒザ蹴り
●藤田雄也(極真会館/RISEライト級6位)

 ともに空手をベースに持ち、水町はパンチと飛びヒザ蹴り、藤田は蹴り全般を得意とする。水町は藤田の11戦を大きく上回る39戦のキャリアを持つベテラン選手。士道館vs極真会館の空手流派対決となった。

 1R、水町が顔面とボディにパンチを打ち分け、接近すると藤田のボディにヒザを突き上げる。藤田は左の蹴りを中心に返し、後ろ蹴りも繰り出す。

 2R、水町は密着した状態からボディへのヒザ蹴りを連打し、時折、頭部も狙ってヒザを突き上げる。藤田は蹴りを封じられた形となり、左ヒザ蹴りをアゴにもらってダウン。

 立ち上がるとさらにヒザ蹴り連打から頭部へのヒザで2度目のダウンを喫し、ロープをつかんで立ち上がるもレフェリーがKOを宣言。水町がベテランの意地を見せ付けた。

☆【関連動画】ビッグバン史上最大の激闘、森井洋介vs駿太 


 ※写真とレポートを2日(月)に追加

▼第13試合 スペシャルエキシビションマッチ ビッグバンルール 2分2R
城戸康裕(谷山ジム/Krush-70kg級王者)
勝敗なし
梅野源治(PHOENIX/WBCムエタイ・インターナショナルスーパーフェザー級王者)

▼第12試合 60kg契約 ビッグバンルール 3分3R
稲石竜弥(Team OJ/REBELS 60kg級2位、APKFスーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-29
花田元誓(リアルディール/RISEスーパーフェザー級1位)

▼第11試合 89kg契約 ビッグバンルール 3分3R
○古田太一(正道会館)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-29
●我龍真吾(元WMF世界ライトヘビー級王者、元WMAF世界ミドル級王者)

▼第10試合 ヘビー級 ビッグバンルール 3分3R
○林 武重(士道館本部/MA日本ヘビー級8位)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-29
●愛鷹 亮(力道場静岡)

▼第9試合 67kg契約 ビッグバンルール 3分3R
允明(土浦/元MA日本ウェルター級1位、TRIBELATEキックルール スーパーウェルター級王者)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●山際和希(谷山/J-NETWORKウェルター級4位)

▼第8試合 ライト級 ビッグバンキックルール 3分3R
△拓郎(はまっこムエタイジム/MA日本スーパーフェザー級3位)
ドロー 判定1-0 ※30-29、29-29、29-29
△久保政哉(PHOENIX/REBELS-MUAYTHAIライト級8位)

▼第7試合 63kg契約 ビッグバンルール 3分3R
△宮田隼児(LOTUS)
ドロー 判定1-1 ※30-29、29-30、29-29
△和井田学(谷山ジム大和)

▼第6試合 オヤジファイト 王座決定戦 ビッグバンルール 2分2R
○ヴァーナル竹内(AVENGERS)
KO 1R46秒 ※右フック
●横澤・HARU・政治(ミクニスポーツ)

▼第5試合 スペシャルマッチ ピン級 ビッグバンルール 2分2R
○野形仁美(谷山)
判定2-1 ※20-19、19-20、20-19
●tsubo(ラビカラ)

▼第4試合 スペシャルマッチ ビッグバンルール 2分2R
○伊達魔破(Team DATE)
KO 2R39秒 ※右ハイキック
●ハリケーン山田(谷山)

▼第3試合 68.5kg契約 ビッグバンルール 3分3R
○前原親太郎(真樹ジムAICHI)
KO 2R2分39秒 ※右フック
●長谷川豊(KFG)

▼第2試合 59kg契約 ビッグバンルール 3分3R
○渡久山ゆうた(平井)
KO 2R2分51秒 ※ヒザ蹴り
●岡本MAYORUGA(菅原道場)

▼第1試合 60kg契約 ビッグバンルール 3分3R
○鈴木謙太(Por To Familia)
KO 1R1分6秒 ※パンチ連打
●高野浩二(ラビカラ)

▼オープニングファイト 67kg契約 ビッグバンルール 3分3R
○中東研人(真樹ジムAICHI)
判定3-0 ※三者とも30-28
●山下大介(新興ムエタイ)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果