TOP > ニュース 一覧

【K-1】木村ミノル、リザーブから「奇跡を起こす」

2016/05/17(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

連敗を喫した木村だが、休養を経てモチベーションが復活

 6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg世界最強決定トーナメント』にて、同トーナメントのリザーブファイトに出場する木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)のコメントが主催者を通じて届いた。木村はNOMAN(DTS GYM)と対戦する。

 2014年11月からK-1の全大会に出場していた木村だが、ゲーオと野杁正明に連敗を喫し、今年4月の大会は初めて出場しなかった。4月大会は観客席で試合を見ていたという。

「初めて客席で客観的に試合の熱さや高揚を見て『うらやましいな』と思えて、モチベーションが復活しました。今まで僕はずっと出る立場で、僕だけがずっとK-1に出続けて、対戦相手も弱い相手は一人もいなかった。そうやって緊張感が張りつめていた状態で、ここ2試合は連敗してしまって、正直嫌な気持ちしか出てこなかったんです。でも一歩引いて(格闘技を)見たら、この世界がうらやましいと思えたので、やっぱりこの世界はいいですね」

NOMANとは2013年1月に対戦し、木村が1R2分29秒、KO勝ちしている

 十分な休養期間も取れたことで「また強い時の自分、怖い時の自分を見せられると思います」と木村。対戦するNOMANについては「復帰戦の相手には好都合、一番いい相手かなと思いました。弱い相手ではなくてまあまあ強い選手なので、きっちり対策を練ってしっかり準備しようと思います」と言い、「1Rで倒そうとかそういう気持ちはないですね。ゆっくり試合を楽しんで、久しぶりの試合を長めに満喫したいです」と余裕のコメント。

 今回はリザーブファイトで、トーナメント本戦に欠場者が出なければチャンスは来ない。しかし木村は、「なんか今回はそれが起こる気がするんですよ。実際にそうなったらやばくないですか? リザーブファイトからの優勝。でも俺は何とか願って、その奇跡を起こしますよ」と、奇跡を信じると語った。

●編集部オススメ記事
・木村“フィリップ”ミノル「今回の俺はヤバイ」
・ゲーオ強し、木村を1RでKOしてリベンジ

【大会・チケット情報】 6・24 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg世界最強決定トーナメント~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧