TOP > ニュース

【KNOCK OUT】フライ級トーナメント出場を懸けTENKAICHI王者・高坂侑弥とWMC王者・山田航暉が激突

2018/04/07(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

高坂(左)vs山田(右)。石井一成をはじめ、盛り上がりを見せるフライ級だが、それだけ生存競争の激しい階級でもある

 5月3日(木・祝) エディオンアリーナ大阪で開催される『KNOCK OUT 2018 OSAKA 1st』の追加対戦カードが発表された。
 
 6月から開催される「KING OF KNOCK OUT フライ級トーナメント」出場者決定戦として、TENKAICHIフライ級王者・高坂侑弥(エイワスポーツジム)vs WMC日本スーパーフライ級王者・山田航暉(キング・ムエ)が決定。

REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者・安本(左)と引き分けた高坂

 高坂は軽量級トップ戦線でサバイバルマッチを続ける新鋭。アマチュアキックで活躍し、プロ転向後はTENKAICHIでフライ級のベルトを巻いた。高速の左ミドルキックに加え、回転蹴りなどの蹴り技を武器とし、昨年のROAD TO KNOCK OUTではREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者・安本晴翔とも引き分けている。

 一方、山田は打倒ムエタイを掲げ、ジュニア時代から数多くのタイ遠征試合を行い、ラジャダムナン、ルンピニーとタイの二大殿堂スタジアムでも勝利した経験を持つ和製ムエタイ戦士。国内のリングではトップ選手と大接戦を繰り広げるなどし、昨年7月にはWMC日本タイトルを奪取した。

今大会が大阪初進出となる「KNOCK OUT」

 ジュニア時代から活躍してきたが、これまで別々の道を歩んできた両者。フライ級トーナメントの出場権を得るのはどっちか。
 
 そして、このカードをもって今大会の全6試合が出揃った。地元関西勢のタネヨシホ、高橋一眞、山口侑馬など激闘派のファイターが集結。初の大阪大会から目が離せない。
 

【大会・チケット情報】 5・3 キックスロード「KNOCK OUT 2018 OSAKA 1st」
 

●編集部オススメ

・大阪初進出、高橋一眞vs茂木俊介ほか2試合追加決定

・大阪進出第一弾で宮元啓介vs髙橋亮のスーパーバンタム級のトップ対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース