TOP > ニュース

【KNOCK OUT】タネ兄弟vs大崎兄弟の全面戦争が最終局面、ヨシホvs孔稀が正式決定

2019/01/17(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

タネヨシホ(左)vs大﨑孔稀(右)が正式決定

 2月11日(月・祝)東京・大田区総合体育館で開催される『KNOCK OUT 2019 WINTER 「THE ANSWER IS IN THE RING」』の追加対戦カードが発表された。

 WBCムエタイ日本統一フライ級王者タネヨシホ(19=直心会)とWMC日本スーパーフライ級王者・大崎孔稀(19=OISHI GYM)の対戦が正式決定。

 タネは関西を主戦場とし、数々のアマチュアタイトルを獲得。2016年に政所仁らを破りDEEP☆KICK53kg級初代王座決定トーナメントで優勝し、2018年2月に能登龍也との王座決定戦に勝利してWBCムエタイ日本統一フライ級王座も獲得した。

大崎一貴(左)には敗れたが、ダウンを奪われた後の反撃が凄すぎると話題になったタネヨシホ(右)

 昨年6月にはKING OF KNOCK OUT初代フライ級王座決定トーナメントに参戦。10月7日に行われた準決勝のvs大﨑一貴戦では、4Rに縦ヒジ打ちでダウンを奪われるも、猛攻で反撃して会場内を大いに沸かせ、2018年ベストバウト4位になるほどの激闘を演じた。

 大﨑はジュニア・アマチュア時代から数々のタイトルを獲得し、今春高校を卒業した期待の新鋭。9月にはWMC(世界ムエタイ評議会)日本スーパーフライ級王座をKO勝利で獲得。続いて10月にはJ-NETWORKスーパーフライ級王座をベテラン4冠王・松崎公則から、ほぼ全てのラウンドを取って勝利し二冠王に。戦績は15勝(10KO)2敗1ノーコンテスト。現在6連勝と勢いに乗る。

ヨシホの兄ヨシキ(右)をKOした大崎孔稀(左)

 1月16日に開催された『ROAD TO KNOCK OUT vol.3』では、ヨシホの兄ヨシキと対戦し、2Rにパンチで3度のダウンを奪ってKO勝ち。リング上で「2月の大田区総合体育館、タネヨシホ選手、僕とやりましょう」とアピールすると、ヨシキのセコンドで来場していたヨシホが「俺と2月? ええよ。全然ええよ。しばき倒したるわ」と対戦を受諾。大崎が「ヨシキ選手みたいに僕がKOで勝ちます」と兄弟連続KOを宣言すると、ヨシホは「俺はヨシキより強いから」と自信満々の笑顔で答えた。

 タネ兄弟vs大崎兄弟の全面戦争が最終局面を迎えた。タネヨシホが勝利してタイトル挑戦へつなぐか、それとも大崎孔稀が「兄・一貴より100倍強い」を証明して見せるのか。

<決定対戦カード>

▼53kg契約 3分5R
タネヨシホ(INNOVATION・直心会/WBCムエタイ日本統一フライ級王者)
vs
大崎孔稀(OISHI GYM/WMC日本スーパーフライ級王者)

【大会・チケット情報】 2・11 キックスロード「KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」」

●編集部オススメ

・大崎孔稀がタネ(ハートマーク)ヨシキをKO(ページ下段)

・大流血タネヨシホが捨て身のラッシュも大崎一貴がTKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース