TOP > ニュース

【UFC】マクレガー、今回は9日間で引退を撤回

2019/04/05(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

前回は2日、今回は9日で引退を撤回したお騒がせ男のマクレガー Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC

 UFC同時2階級制覇を達成したスーパースターのコナー・マクレガー(30=アイルランド)が、自身のSNSで引退撤回を発表した。

 マクレガーは3月26日(日本時間)に「俺はMixed Martial Art(総合格闘技)と呼ばれたスポーツから今日引退することを決めたぜ」と同じく自身のSNSで発表。今後はベンチャービジネスをやっていくとしていた。

 しかし4月4日(木・日本時間)の夜、マクレガーは「俺は全ての信仰、全てのバックグラウンドを持つファンと一緒に前進したい。今、オクタゴン(UFCの八角形の試合場)で会いましょう」と、オクタゴン=UFCで会おうとのメッセージを投稿。

試合後に乱闘騒ぎが起こった2018年10月のヌルマゴメドフ(左)戦

 マクレガーは2016年4月にもSNSで引退発表し、2日後に引退を撤回したことがある。これは『UFC 200』で決定していたネイト・ディアスとの再戦前で、マクレガーはプロモーション活動をめぐるUFCへの不満から引退宣言を行ったもの。今回は9日間での引退撤回となった。

 世界一のお騒がせ男は私生活でも様々なトラブルを起こしているが、昨年10月6日(同)のハビブ・ヌルマゴメドフ戦で起こした乱闘騒ぎで、ネバダ州のアスレチックコミッションから科せられていた半年間の出場停止処分は間もなく解ける。いよいよ復帰へ向けて動き出すということなのか。

●編集部オススメ

・コナー・マクレガーが突然の引退発表

・マクレガーがヌルマゴメドフに一本負け、試合後は前代未聞の大乱闘に

・マクレガーがバスを襲撃し負傷選手も、警察に出頭

・マクレガーがマフィアに命を狙われる、海外複数メディアが報じる

・「仲間を切るなら俺もクビにしろ」マクレガー倒したヌルマゴメドフ、怒りの声明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース