TOP > ニュース

【ボクシング】11秒KO男・テテが怪我でWBSS欠場、井上尚弥との決勝対決は実現せず

2019/04/25(木)UP

ゾラニ・テテ

 WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が挑むWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級準決勝で、もう一方のブロックで5階級制覇王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦予定だった11秒KO男、WBO王者ゾラニ・テテ(31=南アフリカ)の欠場がWBSSの公式サイトに掲載された。
 テテの代わりにリザーブファイターとして控えていたWBA同級5位のステフォン・ヤング(30=米国)がドネアに挑む。ヤングの戦績は18勝(7KO)1敗。

 テテの欠場の理由は今週月曜日に痛めた肩の怪我だという。
テテは「月曜の夜の練習で肩を痛めた。ドネアのような相手と戦うために100%に仕上げる必要がある。治療を受け回復するために最善を尽くしたが、回復に至らなかった」とコメントしている。 

テテが右フックで11秒でKO、世界記録を塗り替えた。ゴニャ(奥)は起き上がれず(getty/eFight)

 テテは昨年2018年11月、イギリスにて行われたWBO世界バンタム級タイトルマッチにおいて世界タイトルマッチでの史上最速11秒KO勝利を果たした。

 井上尚弥との対戦を待ちきれないと言っていたテテ。井上との一戦が見られないのは残念だが、果たしてヤングは王者ドネアに勝つことができるか。

 準決勝のドネアvsヤングは4月27日(日本時間28日)米国にて行われ、もう一つの準決勝は5月18日(日本時間の翌日早朝)英国グラスゴーにて井上尚弥vsIBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)と無敗同士の対決が行われる。

●編集部オススメ

・ゾラニ・テテが11秒、世界戦最速KO記録を更新

・井上尚弥のWBSS準決勝は5.18英国、ロドリゲスと無敗対決

・テテが帝里木下に勝利し世界王座獲得

・WBSS代表、井上尚弥を「ここ2試合の世界戦で182秒しか戦っていない、凄くないか!?」

・まさに一撃、井上尚弥が右ストレートで秒殺KO勝利「手応えが拳に伝わってきた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース