TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊、両国大会出場選手らがスポーツイベントに出演し大盛況

2019/05/13(月)UP

イベントに出演した(左から)玖村修平、将史、武尊、晃貴

 5月11日(土)さいたまスーパーアリーナコミュニティアリーナ・展示ホールにて『さいたまスポーツフェスティバル2019』が行われた。

 このイベントには毎年様々なスポーツがブースを出展し、K-1も3年連続での参加となった。今年は第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊、6月30日(日)両国国技館「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」に出場する、武尊と同じ鳥取県出身の、K-1 KRUSH FIGHTバンタム級王者・晃貴、K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級王者・玖村将史(弟)、玖村修平(兄)が登場した。

イベントには多くのファンが訪れた

 K-1ブースでは「お子様限定 K-1ミット打ち体験」が行われ、晃貴と玖村兄弟がそれぞれ子供たちのミットを持ち、武尊のサイン会には長蛇の列ができた。続くトークショーでは玖村兄弟・武尊&晃貴がそれぞれ過去のエピソードを話して場を盛り上げると、玖村兄弟は緊張感あふれるマススパーリングを披露。最後のじゃんけん大会では4選手のサイン入りTシャツがプレゼントされた。

玖村将史(左)と修平(右)がマススパーを披露、6月のK-1で兄弟対決実現なるか

 武尊は両国大会出場に意欲的であったが、拳の怪我によって欠場。SNSで手術の成功を報告した。晃貴は4月のK-1 KRUSHでバンタム級王座の初防衛に成功し、念願のK-1初出場が決まった。玖村兄弟は、「K-1のトーナメントの決勝で、世界最強の兄弟喧嘩をしたい」と意気込んでいる。

●編集部オススメ

・武尊が手術成功を報告「早く戦える拳に戻す」

・晃貴、武尊を彷彿とさせるパンチと膝蹴りで初防衛に成功

・玖村修平、決勝で「史上最強の兄弟喧嘩を」弟・将史も瞳潤ませ決意

・ゲーオが挑発、安保瑠輝也「ナメてたら本当にぶっ潰す」

・期待の19歳美女ファイター・菅原美優が計量パス、KANAとの”約束”に向け勝利を

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧