TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉海が眼窩底骨折で6.2神戸大会を欠場

2019/05/14(火)UP

練習でミットを打ち込む朝倉海

 6月2日(日)神戸ワールド記念ホールにて開催される『RIZIN.16』神戸大会で、出場を予定していた朝倉海(あさくら・かい/25=トライフォース赤坂)が、5月7日(火)の練習中に「眼窩底骨折」をし、診断の結果、全治二ヶ月のためドクターストップとなった。そのため翌日8日に予定していた会見が中止となったが、13日夜、朝倉の欠場が正式発表となった。

18年5月、マネル・ケイプにパンチがクリーンヒット、激闘を制した朝倉海 (c)RIZIN FF

 前回4月21日(日)横浜アリーナにて開催された『RIZIN.15』では、朝倉と対戦が決まっていた佐々木憂流迦(29=Serra Longo Fight Team)が内臓疾患によりドクターストップ。代わって元UFCファイター、ジャスティン・スコッギンス(27=アメリカ)に決定したが、約10日後、スコッギンスの怪我により試合が中止となったが、今回は自身の怪我。2大会連続の欠場となった。

 朝倉は『ジ・アウトサイダー』と韓国のMMA(総合格闘技)イベント『ROAD FC』を経て、17年末のRIZINに初参戦。才賀紀左衛門にTKO勝ちし、18年5月の福岡大会ではマネル・ケイプを破る大番狂わせを起こした。その後9月、12月とRIZIN4連勝中だが、今年に入って試合が実現していない。実兄はRIZIN4月大会で激闘を展開した朝倉未来。

・全カードとイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・朝倉海が打撃戦でケイプを破る大金星

・マネル・ケイプと朝倉海が乱闘寸前の挑発合戦

・朝倉海、対戦相手スコッギンスの怪我により4.21試合中止

・不敵な朝倉兄弟、弟・海は乱闘寸前に

・朝倉未来が前歯を折る激闘を制し、無敗のグスタボに勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧