TOP > ニュース

【レベルス】安本晴翔が女性ファン9割の栗秋と王座戦「試合見て、僕のファンにもなってほしい」

2019/06/06(木)UP

19歳安本がレベルス二階級制覇狙い王座戦に挑む

 6月9日(日)東京・後楽園ホールで開催の『REBELS.61』のセミファイナルに出場する、INNOVATIONスーパーバンタム級王者で元REBELS-MUAYTHAI スーパーフライ級王者の安本晴翔(やすもと・はると=19=橋本道場)のインタビューが主催者より届いた。

 対戦相手は栗秋祥梧(24=クロスポイント吉祥寺)。
 この栗秋は九州で50戦近い試合をこなし、昨年上京。今年4月の試合で、REBELS-MUAYTHAI フェザー級王者で三冠王の八神剣太を1R撃破。負けた八神はその場でベルトを返上し、今回のREBELS-MUAYTHAIフェザー級王座決定戦を行う事となった。
 その栗秋の勝利がきっかけとなったこの王座戦に、安本が二階級制覇を狙い挑む。

昨年12月、安本はこのボディブローでKO勝ち、イノベーションの王座奪取に成功した

 安本はデビューわずか1年でREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級のタイトルを奪取し、その後INNOVATIONスーパーバンタム級王座も獲得し天才高校生とも言われたが、現在は大学1年生。公開練習も大学が忙しく出席できないとのことで主催者が別途インタビューした。

 都内にある大学のスポーツ文化コースに通う安本は「保健体育の教員免許も取れるところで、月曜日から金曜日まで午前中から午後4時半までびっしりと授業です。(キャンパスライフは)キックをやっていることはみんな結構知ってて『見たことがある』と言われて、ちょっとびっくりしました。SNSの友達つながりとかかもしれないですけど」と意外と知られていたことに驚いたという。

女性ファン9割の栗秋は公開練習で鋭い肘打ちを見せた

 今回対戦する栗秋はイケメンキックボクサーでファンの9割が女性。そのファンからの注目も高いが「試合を見て、僕のファンにもなってほしいです(笑)」
とおどける。しかし好勝負となれば、振り向く女性ファンもいるかもしれない。

 そして「ここを見てほしい」というアピールポイントを聞くと
「蹴りを一番見てほしいです。練習は普段通りにやってきました。(目標は)とりあえず有名にはなりたいです。REBELSのベルトを獲って、また大きな舞台に上がれるチャンスがあれば嬉しいです」と意気込んだ。

 安本が所属する橋本道場・橋本敏彦会長は「(安本)晴翔君は『努力する天才』なんですよ。ジュニアの頃は150戦して、体重が5キロも違う相手といい試合をしたけど負けて。それ以外は一度も負けていなかったよ。栗秋君とは、お互いに倒す武器を持っている同士だから『お客さんが見たいカード』だよね。簡単に言えばパンチ対蹴りで、栗秋君の左フックで倒されるかもしれないし、晴翔君がパンチに蹴りを合わせて倒しちゃうかもしれない。相手のパンチに合わせてミドルで腹を狙ったり、晴翔君のタイミングの良さは素晴らしいものがありますよ」と栗秋のパンチを讃えながら愛弟子の蹴りでの好勝負に期待した。

・安本晴翔 戦績プロフィール(選手名鑑)はこちら

●編集部オススメ

・安本 晴翔がKOでイノベーション王座奪取(ページ下)=昨年12月

・”9割が女性ファン”の栗秋祥梧、王座争う安本晴翔に「魅せる試合を教えてあげる」

・栗秋が三冠王・八神を衝撃の1RKO、負けた八神は王座を返上(ページ下部)

・【RIZIN】山本美憂がヒョウ柄ビキニで計量クリア、浅倉カンナも自信のマッスルポーズ

・【DEEP JEWELS】女子大生ファイター古瀬美月が急きょ参戦、メインは中井りん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース