TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】京口紘人が4R KO宣言も「勝って当たり前のプレッシャー」、相手はルンピニー2階級王者

2019/06/19(水)UP

ムエタイ王者のナコーン(左)に対し絶対的な自信を語った京口(右)

 6月19日、幕張メッセで行われるボクシングトリプル世界戦の前日計量が18日、東京都文京区の東京ドームホテルで行われた。
 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチでは初防衛戦となる王者・京口紘人(25=ワタナベ)が100gアンダーの48.8kg、挑戦者の同級10位タナワット・ナコーン(26=タイ)が200gアンダーの48.7kgで、共に一発パスした。
 京口はボクシング世界二階級制覇王者。この階級に上げて3試合目となる。相手はムエタイ王者のナコーン。
 ナコーンはムエタイではサターンムアンレックの名でリングに上がり、ルンピニーでは2本のベルト、WBCムエタイでもベルトを保持する。17年にプロボクシング転向後、ボクシングでは11勝(5KO)無敗と連勝街道を進み、WBA世界ライトフライ級10位にランクインした。

前回の試合で、王者ブドラーの顎を撃ち抜く京口。10回TKO勝利し2階級制覇を成し遂げた

「絶対倒しますよ。断言します。そこはもう自信ありますね。しっかり倒してKOで勝ちたいと思います」そう自信満々で記者陣に応える京口。
 具体的なラウンドを聞かれると「中盤までに倒せると思うんですが、まぁ、4ラウンドですかね。4Rぐらいまでには捉えられると思う。面白い試合してKOで締めたいと思います」と初防衛を絶対的な自信のKO宣言が飛び出した。

 プレッシャーについて「下馬評では(京口有利で)けっこう差があるという試合。勝って当たり前のプレッシャーはあります。しかしそれ以上に自信がある。前回はああいう内容で勝てたのでこんな相手につまずくようではダメ。倒さないと今回の相手はダメかなと素直に思う」とコメント。前回とは2階級制覇王者のヘッキー・ブドラーに10回TKO勝利し王座戴冠、京口が2階級制覇となった昨年大みそかの試合だ。今回の相手はムエタイのルンピニー2階級制覇とはいえ競技は違う。ボクシングの実績も京口が上。果たして宣言通りKO勝利となるか。ナコーンは「KOは絶対させない、逆に気をつけて」と返す。本日19日、19時30分ごろゴング予定だ。

●編集部オススメ

・京口紘人に挑む、ムエタイ・ルンピニー王者の正体とは

・京口紘人が圧勝、王者ブドラーにTKO勝利で2階級制覇

・井岡一翔「いい仕上がり。4階級制覇を見せたい」、パリクテ「明日が楽しみ」

・女子世界戦で断髪計量クリア、歴代断髪“珍事”を振り返る

・モデルボクサー高野に作戦勝ち、吉田実代が初代王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧