TOP > ニュース

【RIZIN】”覚悟”を持った矢地祐介、朝倉未来を「完膚なきまでに叩きのめす」

2019/07/26(金)UP

「しんどい時に差になる」と”覚悟”をもって戦いに挑む矢地(c)RIZIN FF

 7月28日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.17』に出場する選手たちの個別インタビューが、26日(金)都内で行われた。

 メインイベントとなる第12試合RIZIN MMAルール5分3Rで朝倉未来(27=トライフォース赤坂)と対戦する矢地祐介(29=KRAZY BEE)がインタビューに登場した。

 かねてより「怒りと憎しみをもってリングに上がるのは初めて」と公言していた矢地。対戦する朝倉を「最近勢いにのっている」と警戒しながらも、「完膚なきまでに叩きのめす。レベルの違いを見せつける」と強い言葉で、全面戦争の覚悟のまま試合に臨む意思を見せた。

 事前のアンケートにおいて、見せたいものに「覚悟」と記載した矢地。これまでの自身のキャリアを振り返り、「自分に足りないところはそこだった」と気づいたという。”お祭り漢”のキャッチフレーズのまま試合を楽しんでいたが、なんとなく楽しくやっているレベルでは勝てない相手と戦うようになってきたと認識。「試合に向けた覚悟、モチベーションがしんどい時に差になる」と自身の姿勢を見つめなおし、”覚悟”を持つ意識をしたという。

「怒りと憎しみ」をもって臨むと公言した矢地は「レベルの差を見せつける」と自信

 また今回は「KRAZY BEEの奴ら負けてばっか」と朝倉からジムごと挑発されたことにも触れ、「みんなフラストレーション溜まってるけど、それを晴らせるのは自分だけ」と、朝倉への怒りがさらに覚悟を強めるきっかけにもなっている。

 5連勝後の2連敗中と、決して順風満帆とはいかないキャリアの真っ最中である矢地は「2連敗してすべてを見つめなおして、クオリティを上げるいいきっかけになった」と、敗戦を前向きにとらえた。試合のない約7か月の間、さまざまな面を見つめなおし「一つ一つレベルアップできた」と、万全の準備を整えた矢地は、あとは開始のゴングを待つだけと自信をみなぎらせた。

☆7.28 RIZIN 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・怒りに燃える矢地祐介、その裏には山本”KID”徳郁の教え(動画あり)

・朝倉未来、”勝ちに徹する”矢地祐介に「まず俺からテイクダウンは取れない。当てて倒す」

・佐々木憂流迦、5年半越しの因縁の試合を「15分間楽しみたい」

・まるで別人、KINGレイナが史上最軽量に「相手の先へ動く」

・町田光が大会制覇宣言「全ての対戦カードを喰う」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース