TOP > ニュース 一覧

【REBELS×KO】スアレック戦に“人生懸ける”雅駿介「僕の覚悟を見てほしい」、タイトル戦出場選手も意気込み

2019/09/08(日)UP

暫定王座戦に臨むスアレック(左)と雅(右)

 97日(土)都内にて『KNOCK OUT×REBELS』と『REBELS.63×KNOCK OUT』の合同公開記者会見が行われ、2大会に出場予定の選手たちが集結した。 

 106日(日)東京・後楽園ホールで行われる『REBELS.63 × KNOCK OUT』。同大会の「REBELS-MUAYTHAI ライト級 暫定王座決定戦でREBELS-MUAYTHAIルール(肘あり、首相撲制限時間なし)」で対戦する、前REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者・スアレック・ルークカムイ(33STURGIS新宿ジム)とムエタイオープンライト級王者・雅駿介(25PHOENIX)が会見に出席して意気込みを語った。

落ち着いて意気込みを語るスアレック

 スアレックは12歳でムエタイを始めて、ラジャダムナンスタジアムやTVマッチで活躍後、現在は主戦場を日本に移している。常に前進してゴツゴツとしたローやミドル、さらにはヒジ打ちでREBELS-MUAYTHAI スーパーライト級王者に輝いた。まさに“超攻撃型ムエタイ”だ。

 雅はアマチュアで実績を積み、プロデビュー後は、20192月にムエタイオープン、6月にはムエタイのスック・ワンキーントーンライト級のベルトを獲得。

8月のKNOCK OUTで雅(右)は良太郎(左)と激戦を繰り広げた末にTKO勝利

 8月には『K.O CLIMAX 2019』で良太郎にヒジでカットを奪いTKO勝利。この試合で、本来スアレックとの王座戦に出場予定であった良太郎が眼窩底骨折となったため、代わって雅が試合に臨む。

 対戦相手変更にもスアレックは「対戦相手は変わってしまったけど、パワーでガンガンいって、KOしたいと思っています」と自身のパワーでKO宣言。雅の所属ジムには多くのタイ人トレーナーやスアレックと戦った梅野源治が所属しているが「タイ人のトレーナーがいるのは分かっています。スタミナ以外は大丈夫です。(雅の)ヒジだけ気を付けたいと思っています。良太郎選手との試合をみて、ヒジは上手いと思っています」と雅のヒジ打ちに警戒する。

 雅は、このビッグチャンス到来に「良太郎さんがスアレック選手とやる予定だったのですけど、僕との試合で怪我してチャンスがまわってきて、自分で引き寄せたと思っているし、この試合に人生を懸けています。そういう選手がタイトルマッチをやった方が面白いし、メインなので僕の覚悟を見てもらいたいと思っています」と全身全霊でタイトル獲得を目指していくという。

人生を懸けると宣言した雅

 さらに「スアレック選手は何百戦もしていますけど、今回本当に人生を懸けています。(自身は)ベルトを2本持っていてチャンピオンなので、(団体は違って懸けることは出来ないが)負けたら返上してやるくらいの覚悟でやっているので、ベルトを2本懸けてやるくらいの気持ちがあるので、その差がリングで出ると思っています。絶対勝ちます」と覚悟を熱弁。

 スアレックの印象に関しては「パワーが凄くて、面白い試合をするタイ人だと思っていて、早い段階で倒したいと言われたのですけど、長期戦になると僕の方が有利になると思っています」と長いラウンドであれば自分に分があると主張し、自身の所属ジムのトレーナーが対策を練ってくれており、「どういう展開になっても勝てるし、やべえ試合になります」と自信たっぷりに語った。

▶次のページは67kg級タイトルマッチに出場するUMAvsCAZ、スーパーウェルター級 王座決定戦に出場する吉田vs津崎が登場

●編集部オススメ

・雅駿介、良太郎とのアグレッシブな戦いをTKOで制す=2019年8月

・美女キックボクサーぱんちゃん璃奈、初グラビアに「鍛え上げた身体を見て」

・スアレックが激しい打ち合いを制して郷州征宜を下す=2018年9月

・UMAが奥山を圧倒、先鋒戦を勝利で飾る=2019年4月

・【ボクシング】キック女子3冠王・松田玲奈が五輪目指し初の実戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧