TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】69kg戦に挑む海人、パワー増の自信を見せ「僕の強さを見せつけて勝つ」

2019/09/27(金)UP

海人が「僕の強さを見せつける」と吠えればソンヒョンも「明日は私が勝ちます」と返す

 9月28日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2019 act.4』の前日計量・公開記者会見が27日(金)都内にて行われた。

 メインイベントに出場するS-cup 65.0kg 2018世界王者・海人(22=TEAM F.O.D)と対戦相手のRISEミドル級王者イ・ソンヒョン(28=韓国/RAON)が計量に臨み、海人は68.65kg、ソンヒョンは68.95kgで計量をパスした。

計量を一発パスし、サイズアップを感じさせる海人の肉体

 海人は昨年11月、S-cup65kg世界トーナメントを全試合KOで制覇して世界王者に。その翌月、今年2月と続けて勝利し5連勝をマークと、中量級において圧倒的な強さを見せる快進撃。4月大会では豪州最強ムエタイ戦士のチャド・コリンズと対戦し判定負けを喫するも、6月大会では元Krush-70kg級王者・中島弘貴に圧勝KOし完全復活をアピールした。

6月大会で劇的なKO勝利を決めた海人(左)がガッツポーズ

 6月の中島戦に続き、今回も69.0kg契約となる一戦。1階級上げて2戦目となる今回「体も作ってこられたので、パワー差も感じないと思う」と徐々に69kgに適応してきているという海人。計量後の会見では「メインイベントなので勝つのは当たり前。他団体の強さにシュートボクシングの強さ、僕の強さを見せつけて勝ちたい」と意気込みを見せた。

「他団体の王者にSBの強さを見せつける」と海人

 対するソンヒョンは無尽蔵のスタミナと強烈なボディブローを武器に、RISEのリングでトップファイターを次々と撃破。2013年1月に裕樹(ANCHOR)を破りRISEライト級を獲得すると、今年7月には松倉信太郎(TRY HARD GYM)を倒しミドル級も制覇している。2014年6月にはシュートボクシングに参戦し、元SB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭も破った実績がある。現RISEスーパーフェザー級王者のチャンヒョン・リーとは同門。

 ソンヒョンもまたマイクを向けられると、流ちょうな日本語で「海人はいい選手。でも明日は私が勝ちます。楽しみにしていてください」と勝利に自信を見せた。

<計量結果>

▼メインイベント 第10試合 69.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジなし
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)→68.65kg
vs
イ・ソンヒョン(韓国/RAON/RISEミドル級王者)→68.95kg

☆9.28 シュートボクシング 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【前回の試合】海人、元Krush王者・中島弘貴に圧勝KO=2019年6月

・9.28 新女王・女神と“剛腕美女”未奈がアグレッシブな韓国勢と対戦決定

・【RIZIN】地元大阪でRENAが再起戦、心機一転の意気込み語る

・“コリアンモンスター”ソンヒョンが打撃で圧倒し二階級制覇=2019年7月

・西岡蓮太・村田聖明が外敵のマサ佐藤・山口裕人を迎撃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧