TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】拳四朗と統一戦のアルバラード「海外で勝つにはKOが必要」=KO率8割超

2019/10/17(木)UP

左が16日の会見時の拳四朗、右は井岡戦で来日時のアルバラード

 12月23日に横浜アリーナにて『WBC・IBFライトフライ級王座統一戦』としてWBC同級王者の拳四朗(27=BMB)とIBF同級王者のフェリックス・アルバラード(30=ニカラグア)の一戦が決定。16日、都内での会見で発表された。

 拳四朗は7度目の防衛戦、アルバラードは度目の防衛戦での統一戦となる。

井岡に左アッパーを叩き込むアルバラード=13年大みそか

 拳四朗は会見で「7度目の防衛と、統一戦というのがあって、やっと違うベルトを狙える。新しい拳四朗を見せられたらいいなと思います」とIBFのベルト獲得に意気込んだ。

 この日の会見には来日せず、欠席となったアルバラードは16日夜(日本時間の17日朝)に報じられた地元ニカラグアメディアのコメントによると「海外で勝つためにはノックアウトする必要があることを常に意識している。私はそれを徹底的に準備をしている」と語った。更に「私は相手のことも自分のすべきことも知っており、素晴らしい戦いになる。すべてのニカラグア人はこの戦いを楽しむことになるだろう」とコメントしている。

前回の試合、拳四朗の右ストレートがクリーンヒット=4回TKO勝利

 アルバラードは35勝(30KO)2敗と8割を超すKO率を誇る。この2敗は同級4位のとき、2013年大みそかでは日本で井岡一翔に、翌14年6月にはアルゼンチンでファン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)と、それぞれ防衛中の王者に判定負けを喫している。その後は負けなしの17連勝。うちKO勝ちまたは棄権に追い込んだのは15もある。

 直近の試合では今年5月に神戸で小西伶弥(真正)と対戦しボディで動きを止め8ポイント差の3-0で勝利。試合後に拳四朗や京口紘人(ワタナベ)との統一戦を口にしていた。

 この高KO率の選手に拳四朗は昨日の会見で「けっこう振ってくるし、パンチはあるイメージですが、自分の距離を保てば全然問題ないと思うんで自分を信じて戦うだけです」と距離感に自信。

左から拳四朗、村田諒太、八重樫東が同日にトリプル世界戦を行う

 拳四朗の父で所属ジム(BMB)の寺地会長は「前回ランキング1位の選手の指名試合は相当な覚悟で挑み、たまたま4Rで勝てましたが、今回は前回以上にパンチもあるしスタミナもある。気持ちも強いと聞いています。前回以上に十分な研究をして挑みたい。拳四朗が勝てば必ずメインの村田選手は早く倒すというジンクスがあるのでいい試合で繋げたいですね」と語った。

 このイベントのメインにはWBA世界ミドル級王者の村田諒太(33=帝拳)がWBO同級1位のスティーブン・バトラー(24=カナダ)を迎え初防衛戦を行うほか、『IBF世界フライ級タイトルマッチ』には元世界3階級(ミニマム、フライ、ライトフライ)制覇王者の八重樫東(36=大橋/同級14位)が同級王者のモルティ・ムザラネ(37=南アフリカ)との一戦も組まれている。

♢選手データ
・拳四朗
1992年1月6日 京都市出身 27歳  BMB所属
身長:165cm リーチ:164cm  構え:右
戦績:16戦16勝(9KO)無敗 KO率56%
主なタイトル:WBCライトフライ級王座/元日本ライトフライ級王者/元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者

・フェリックス・アルバラード
1989年2月15日 国籍:ニカラグア
身長:163cm リーチ:173cm  構え:右
戦績:37戦35勝(30KO)2敗   KO率81%
主なタイトル:IBF世界ライトフライ級王座/WBCラテンアメリカライトフライ級王座

●編集部オススメ

・【前回の試合】拳四朗が4回TKOでV6「強い挑戦者の皆さん、どんどん挑んで来て」

・2013年の井岡vsアルバラード、井岡がV3達成

・メリンドの動きを止めた、拳四朗を勝利に導いた3つのジャブ

・八重樫が2年半ぶり待望の世界戦、相手は秒殺男テテにKO勝ちの王者ムザラネ

・村田諒太の初防衛戦が決定、相手はWBO1位でKO率86%のバトラー(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧