TOP > ニュース 一覧

【RISE】那須川梨々が百花にリベンジ誓う「差をつけて勝つ」=初女子大会

2019/10/19(土)UP

リベンジを狙う那須川(左)に百花(右)は「リベンジはさせません」と返り討ち宣言

 11月8日(金)東京・新宿FACEで行われるRISE初の女子大会『RISE GIRLS POWER』の記者会見が18日都内で行われた。

 本大会で対戦する那須川梨々(17=TEAM TEPPEN)と百花(26=魁塾)がそろって会見に出席。再戦となる試合への意気込みを語った。

 那須川と百花は2018年10月にRISEのリングで対戦。那須川がデビュー2戦目とは思えない高度な技術で百花に迫ったが、キャリアに勝る百花が後半に押し切り判定勝ち。その後、那須川はRISE QUEENトーナメントの決勝で紅絹に判定負けするも、直近の9月には右ハイキックのKO勝利で再起した。
 対する百花は3月のRISE QUEENアトム級トーナメント準決勝で紅絹に判定負け、9月には平岡琴と延長までもつれ込んだ接戦の末、スプリット判定で星を落とす連敗を喫している。

2018年10月の初手合わせでは序盤に那須川が飛ばすも後半百花のパンチが光り百花が僅差の判定勝利

 那須川は今回の大会に向け「今回はRISE初の女子大会。いろいろな選手がいる中でインパクトのある試合をして勝ちたいと思います」と大会に爪痕を残す構え。約1年ぶりとなる対戦には「リベンジ戦でもあるので、今回は差をつけて必ず勝ちます」と必勝を誓った。

 対する百花は「前回前々回と結果を出せずに今すごく悔しい思いをしているので、戦い方にはこだわらず、勝ちをつかみに行きます」となりふり構わず勝利最優先を宣言。那須川のリベンジ宣言にも「リベンジは絶対にさせません」と返り討ちの構えを見せる。

 一度手を合わせている両者にお互いの印象を聞くと、那須川は百花を「ボクシング技術が高くてスピードがある」と評価。その上で「前回の負けは気持ちの差で負けた部分もあるので、気持ちでも技術でも全部上回って勝ちたい」とメンタル面の成長をアピールした。
 一方、百花は那須川の前戦を引き合いに出し「ハイキックでKOということで、女子高生は伸びるのが早くて更に上手くなっている印象がある」と驚異的な成長を警戒。しかし那須川の勝利宣言に対抗するように「気持ちも私の方が上なので私が絶対勝ちます」と、さっそく負けん気の強さを発揮した。

那須川(右上)は前戦右ハイキック一撃で初のKO勝利と勢いをつけた

 早くも火花を散らす両者だが、今回の大会はRISE初の女子大会。これまでのRISE参戦とは意味合いが違うことを両者とも理解している。那須川は「女子はKO率少ないとよく言われますが、なめられて欲しくないので、女子でもこんなところまでいけるということを見せたい」と男子に負けない試合内容を見せると宣言。
 対する百花も「女子選手は気持ちが強い選手が多くて、バチバチの打ち合いが多い。男子の試合に負けないくらい迫力のある試合にするので、そこをしっかり見てください」とこちらも男子大会をしのぐ迫力ある大会にすると意気込みを見せた。

●編集部オススメ

・那須川天心の妹・梨々、プロ2戦目で現役王者・百花に善戦も初黒星=2018年10月

・【前回の試合】那須川梨々が右ハイキックでKO勝利、兄・天心に勝利のバトン渡す=2019年9月

・寺山日葵「紅絹に勝ちRISE女子の象徴を目指す」、紅絹「恐ろしい女」

・那須川天心の妹・梨々が計量クリアー、百花は「技術では負けない」

・前日計量で佐藤レイナはパスも小林愛三が1.9kgのオーバー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧