TOP > ニュース 一覧

【K-1】ラウェイ王者・金子大輝「問答無用で相手を壊す」K-1王者・林に番狂わせ狙う

2019/11/08(金)UP

ラウェイ王者・金子はK-1のリングにも「ラウェイを背負って挑戦する」と宣言(C)M-1 Sports Media

 11月24日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」に出場するミャンマーラウェイ王者・金子大輝(25=K-1ジム大宮チームレオン)が7日、埼玉県内で公開練習を行った。

 金子は独特のモーションから繰り出されるパンチやバックブローを見せた後、グローブをはめないラウェイスタイルにチェンジ。頭突きやヒジ打ちといったK-1では反則になるラウェイの技を披露し、公開練習では手の内を見せない周到振りを感じさせた。

金子は公開練習ではミットに頭突きやヒジ打ちなど、ラウェイの技を披露し手の内を隠した(C)M-1 Sports Media

 今回がK-1初参戦となる金子。ヒジ打ち、頭突きありグローブ着用無しの“地上で最も過激な立ち技格闘技”と評されるミャンマーラウェイと、グローブ有り、ヒジ・首相撲無しの正反対の競技ともいえるK-1との違いについて「グローブがあろうがなかろうが、パンチや蹴りをもらうと痛い」と立ち技の恐怖を知り尽くす金子ならでは価値観を披露。その上で「K-1が一番強い選手を集めて最強を決める舞台だと思っているので、その舞台にラウェイという競技を背負って挑戦しようと思いました」と、多くの強者が集まるK-1の舞台にあくまでラウェイの王者として臨む姿勢を見せた。

“地上で最も過激な立ち技格闘技”ラウェイの頂点に立った金子はK-1のリングでどんな戦いを見せるのか

 K-1初戦の相手はいきなりのK-1王者・林健太(25=FLYSKY GYM)。「打たれ強くて気持ちも強くてどんどん前に出てくる、ラウェイ精神を持った選手なのかな」と自身と通ずるものを感じると告白する金子。K-1ルールで真正面からぶつかれば厳しいのは織り込み済みで、「戦略としては秘策しかない。何が出てくるのかわからないのがミャンマーラウェイの戦いです」とK-1のセオリーに無い武器での戦いを予感させる。

 そんな金子は対戦カード発表会見で「ラウェイサンダー」、SNS上でも「ラウェイハンマー」と2つの必殺技を用意していると明かしている。その2つについて問われると「当日までのお楽しみ。ラウェイの技を改良した技なので、そのまま使うと反則になってしまう」と「何が出てくるかわからない」ラウェイの戦いにふさわしい武器であることを感じさせる。特にラウェイハンマーにおいては「問答無用で相手を壊す技」と危険な殺傷力を持つと、金子は自信をみなぎらせた。

(C)M-1 Sports Media

 今回の参戦について金子は「今の時代に異種格闘技戦というものをぶち上げることができるのはラウェイ王者の僕だけ」と、あくまでラウェイ王者としてK-1のリングに立つ構え。K-1のリングで前代未聞の”異種格闘技戦”を仕掛ける金子は、未知の必殺技でK-1王者相手を倒し番狂わせを狙う。

☆11.24 K-1よこはまつり イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・[11.24]林健太、ラウェイ王者の金子大輝を「グローブで失神させる」

・[12.28]初の女子T開催決定、KANA「初代のベルトを自分が巻く」

・【ラウェイ】金子大輝がミャンマー代表としてKO勝ち

・[11.24]完全復活狙う山崎秀晃「一番分かりやすい結果で終わらせる」とKO勝利目指す

・K-1でコスプレイベント!? 城戸康裕がハロウィン仮装大会2連覇の実力見せつける

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧