TOP > ニュース 一覧

【K-1】197cmのロエル・マナートがヘビー級初防衛戦を前に強烈なハイキック=11.24横浜アリーナ

2019/11/22(金)UP

ロエルが197cmの長身から蹴り込むド迫力のハイキック!調子は良さそうだ

  1124日(日)横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~』で
「K-1 WORLD GPヘビー級タイトルマッチ/33R・延長1R」で初防衛戦となる王者ロエル・マナート(25=オランダ/Mejiro Gym Amsterdam)が22日、公開練習を行った。

 ミットでは197cmの長身から繰り出すパンチで快音を響かせ、リーチのあるハイキックがミットにヒットすると、トレーナーが吹き飛びそうになる。自国、オランダでの調整がうまくいったのだろう。調子の良さを伺わせた。

 ロエルは90年代を代表する名選手にして名伯楽として知られるアンドレ・マナートを父に持ち、17歳の時に父が代表のオランダ・メジロジムに入門。201711月のK-1初代ヘビー級王座決定トーナメントでは準決勝でイブラヒム・エル・ボウニに敗れたが、20183月に王者アントニオ・プラチバットの持つベルトに挑戦して勝利。第2代王座に就いた。今年3月には今回対戦するクリス・ブラッドフォードと対戦予定だったが、自らの怪我により消滅した。今回が1年8ヶ月ぶりの試合となる。

K-1 WORLD GPヘビー級王座を獲得後、GLORYデビュー戦では190cm超、100kg超の選手にボディでダウンを奪い判定勝利=18年10月

 いよいよ初防衛戦が2日後と迫った22日、コンディションを聞くと「3月はケガでキャンセルしてしまったが、今は完治し、準備も万端。コンデションも順調で最高潮な仕上がりだ。嬉しくて興奮気味だよ」と仕上がりの良さをアピール。

 王座を獲ってからGLORYでヘビー級(120kg)に出場し2戦とも190cm以上、100kgオーバーの選手と戦い判定勝ち、より強くなっている印象を受ける。

「以前の試合から1年8カ月経過しているが、この間もヘビー級の選手と試合をしてきた。新しいスキルを身に着けることができ、以前以上の試合を披露できるのが楽しみにしている」と意気込んだ。

対戦相手のクリス・ブラッドフォード。ミットを持つのは師サム・グレコ

 対戦相手のクリス・ブラッドフォード(42=オーストラリア/TopTier Muay Thai/Team Greco)は、往年のK-1名選手サム・グレコから直接指導を受ける。オセアニア地区のヘビー級タイトルを幾つも手にしており、今回K-1のヘビー級タイトル獲得を目指す。
 ロエルはブラッドフォードの印象について「日本での試合は初参戦と聞いている。経験もあるし、年齢も上で、もちろん強い選手と分かっている。戦う準備はできているし、試合に負ける気持ちはない。彼より、スキルは上を行っていると思う」と始終自信を口にした。

♢選手データ
・ロエル・マナート(25=オランダ/Mejiro Gym Amsterdam
身長:197cm  体重101.7kg(18年12月)
戦績:26戦 24勝(14KO) 2敗 0分
主なタイトル:K-1 WORLD GPヘビー級王者 

・クリス・ブラッドフォード(42=オーストラリア/TopTier Muay Thai/Team Greco)
身長:187cm  体重95kg
38戦 24勝(9KO) 14敗 0分
主なタイトル:2016 IKBFヘビー級オーストラリア王者

☆11.24 K-1よこはまつり イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】マナートの息子ロエルが岩下を初回KO

・【K-1】マナートの息子ロエルがロブ・カーマン直伝のローキックを見せる

・ロエルの相手は元豪州のワル、空手で改心しサム・グレコ直伝スタイルで王座に挑む

・武尊、村越優汰の“KO狙わない”発言を一刀両断「そんな覚悟では僕に勝てない」=11.24横浜アリーナ

・【K-1】愛鷹亮と王者カリミアンがタイトル戦「前回は相手の油断、3倍強くなってタイトルを獲る」(愛鷹)=11.24横浜アリーナ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧