TOP > ニュース 一覧

【K-1】木村“フィリップ”ミノル「風圧で倒せる」とマンガや映画のようなKO勝利を予告

2019/11/23(土)UP

木村(左)は身長172cm、バルディノッチ(右)は身長181cm。2人並ぶと9cmの身長差がよく分かる

 11月24日(日)横浜アリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~』の前日計量が23日、都内で行われた。

 第16試合スーパーファイト K-1ウェルター級 3分3R・延長1Rに出場する木村”フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)とジョーダン・バルディノッチ(イタリア/fight house pesaro/team fight power)は共に計量に臨み、木村は67.4kg、バルディノッチは67.5kgで共に計量をパスした。

木村の腕・肩の筋肉、割れた腹筋は圧倒的なパワーを感じさせる

 計量後の会見場に姿を現した木村は「めちゃくちゃ順調に仕上がっている。明日のリングではマンガや映画で見るような迫力のあるKOが見られるんじゃないか?風圧で倒せるくらいのパワーは身に着けてきた」と圧倒的なパワーを披露すると自信を見せた。

「AbemaTV」の企画で元プロボクシング三階級制覇王者・亀田興毅ら三兄弟を育て上げた亀田史郎氏に指導を受けたことを振り返ると「ものすごい楽しかったし、いい感覚を教えてもらった。以前パンチングマシーンで(パンチ力を)測った時は300kgだったのが、(指導の後は)3150kgというすごい数字が出た。これはリングの上でも現れる」と常識外れのパンチ力を披露することを予告した。

バルディノッチは67.5kgの契約体重ジャストでクリア

 対するバルディノッチはイタリアの伊達男らしく飄々とした涼しげな態度で会見に出席。「木村選手というすばらしい選手と戦えて大変うれしい。自分の力を出して明日は素晴らしい試合をしたい」と礼儀正しい挨拶を見せた。木村のパンチ力については「彼の硬い拳、強く重いパンチは皆さんも知っている通り」と十分に警戒。しかしそれに対する対策に自信を見せ「明日ぜひ試合を見てください」と、言葉少なに遠回しな勝利宣言をした。

 そんなバルディノッチとの対戦について、木村は自らの生い立ちに触れ「父方にブラジルとイタリアの血が入っていて、育ちは違うかもしれないけど血は似たような伝統を感じる」とバルディノッチの佇まいに共感する気持ちを明かした。そして「彼の国(イタリア)でもブラジルでも話題になるような、こんな試合があったと語られる試合をしたい」と意気込むと、バルディノッチもまた「そういうものも含めていい試合ができる」と木村の気持ちを受け止め、イタリア、ブラジル、そして日本のファンへ好試合を披露することを約束した。

▼木村ミノルが亀田史郎氏のミット打ちで覚醒!!

☆11.24 K-1よこはまつり イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・木村“フィリップ”ミノル「狙い澄ましたら1Rで秒殺する」

・ペトロシアンの戦友・バルディノッチ、カンフー駆使し「木村ミノル対策は万全」

・木村ミノルの相手がイタリア王者に変更「KOの美学見せます」(木村)

・木村ミノルが有言実行、元プロボクサー相手にパンチのみで1RKO勝利=2019年8月

・武尊、村越優汰と共に計量パス「ケガをする前よりも強い武尊で帰ってきた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧