TOP > ニュース 一覧

【修斗】猿田洋祐が返上した王座の決定戦は、同級1位・小巻洋平と2位・箕輪ひろばのフィニッシャー対決

2019/12/10(火)UP

KO・一本勝ち率の高い二人

 2020年1月26日(日)東京・後楽園ホールで開催される『PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Supported by ONE Championship』の対戦カードが発表された。

 第7代修斗世界ストロー級王者・猿田洋祐が11月30日付けで、同王座を返上。それを受け、同級1位・小巻洋平(リライアブル)と同級2位・箕輪ひろば(21=総合格闘技道場STF)で新王座決定戦が行われる。

 小巻は6勝3敗の戦績を持つが、6勝のうち5勝は全てKOか一本勝ち。直近の試合は今年6月で、元修斗世界フライ級1位・オニボウズを打撃で秒殺。世代交代の狼煙を上げた。

チームラカイからの刺客をスリーパーで仕留める箕輪

 対する箕輪は10勝2敗で、10勝全てが完全決着とこちらもフィニッシャーだ。うちスリーパーが6つと寝技を得意とする。直近の試合は今年5月で、フィリピン・チームラカイからの刺客をスリーパーで仕留めている。

 両者は過去にアマチュアで1度、プロで2度対戦している。2015年の全日本アマチュア修斗選手権大会・フライ級の準決勝で小巻が箕輪に勝利、そのまま小巻が優勝している。
 さらに16年の10月にプロのリングで再戦するが、今度は箕輪がアームロックで勝利。昨年9月のインフィニティリーグ公式戦ではまたも箕輪がKO勝利している。

こちらも見事なスリーパーを極める小巻

 しかし上記のインフィニティリーグでは僅か1ポイント差で小巻が逃げ切り優勝。箕輪は2位で幕を閉じた。結果、世界ランキングでも現在小巻が1位、箕輪が2位となり今回の決定戦を迎える。

 小巻は自身のSNSで「開始早々全関節取りに行きます。見合うとかないです!サーカスの始まり!」と鼻息荒い。
 対して箕輪はSNSで「子供の頃憧れる人が立っていた舞台で、格闘家を目指すきっかけになったチャンピオン決定戦です」と投稿。憧れる人とは、同門の先輩で世界元フライ級王者・山上幹臣のことだろうか。
 さらに「人の出会いは1度目は偶然、2度目は運命、3度目は必然、4度目は宿命」と”仮面ライダーキバ”の台詞を引用した投稿もしており、4度目の対戦を粛々と受け入れ戴冠を目指す。

<対戦決定カード>
▼世界ストロー級チャンピオン決定戦5分5R
小巻 洋平(同級1位/リライアブル)
vs
箕輪 ひろば(同級2位/総合格闘技道場STF)

●編集部オススメ

・箕輪ひろばが鮮やかな一本勝ちも、1点差でリーグ戦優勝は小巻洋平

・【月間ベストファイター・10月】猿田洋祐「4月のONE日本大会で再びタイトル獲る」

・猿田洋祐が世界タイトル返上「ONE世界タイトルマッチ実現に集中する」

・“韓国アイドルファイター”イェジが計量パス「私は負けない」

・宇野薫が3年半ぶりの涙の勝利、倉本一真は驚異のジャーマン8発で根津優太を粉砕

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧