TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉海の今年の漢字は”挑”「今年は挑戦の連続」1年を振り返る

2019/12/12(木)UP

10年ぶりの一発勝負だが見事書き上げた

 12月31日(火)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.20』に出場する朝倉海(26=トライフォース赤坂)が12日、都内で公開練習を行った。朝倉はRIZINバンタム級王座決定戦として、マネル・ケイプ(25=AKA Thailand、アンゴラ)と対決する。

 公開練習を終え、息を切らせながらインタビュー席に座った朝倉に、なぜかRIZINスタッフから筆と半紙が渡された。「今年一年を振り返って漢字一文字でお願いします」(スタッフ)とのこと。
 本日12日は世相を漢字ひと文字で表す「今年の漢字」が発表され、令和の「令」の文字が選ばれている。

 朝倉は「無茶振りすぎですよ」と苦笑しながら「小学生以来書いていない」と言う筆を手に取り、一画一画丁寧に書き上げた文字は”挑”。
 多少荒くはあるが、文字のバランスや止めはね払いといった基本はしっかり出来ており、起筆・終筆ともに力強い文字は朝倉自身のようだ。

”無茶振り”と笑いながらも見事に書き上げた瞬間の朝倉

 ”挑”を選んだ理由として「今年は挑戦の連続だった。まず世界チャンピオンの堀口選手に挑戦1しました。皆に無理だと言われるのを覆しました」と大きな話題になった堀口戦を挙げる。
 また「憂流迦選手との対戦もですね。大晦日タイトル戦が決まっている中やる必要が無かったんですけどあえて挑戦したことで良い結果がついてきたのかな。Youtubeも始めて、新しいことに挑戦する連続でした。最後に大仕事が待っている」と振り返る。

 昨年の大晦日は、勝利後に「来年、RIZINを引っ張る選手になる」と宣言していた海。「飛躍の1年でした。ここまでとは正直思っていなかったですね。1年あればこれだけ変えられると証明出来たのかな」と胸を張る。

 今回対戦するケイプとは二度目の対決で、1年半前の対戦は、判定2-1と接戦での勝利だった。
 大晦日、今年の仕上げに”接戦のリマッチ”という挑戦に成功することは出来るか。

☆12.31 RIZIN.20 イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・衝撃の決着!朝倉海が堀口恭司を1RKOで下す

・朝倉海が佐々木憂流迦に54秒KO勝利、大みそか堀口恭司とタイトル戦が決定

・朝倉海、世界に衝撃が走った68秒のKO劇、1ヶ月経って振り返る勝因と反省点

・朝倉海、目指すは世界一「できればUFCではなくRIZINで」

・不敵な朝倉兄弟、弟・海は乱闘寸前に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧