TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】村田諒太がサングラス姿で登場「顔が腫れてるのでご容赦を」一夜明け会見

2019/12/24(火)UP

サングラス姿で一夜明け会見に出席した村田

 12月23日(月)、横浜アリーナで行われたトリプル世界戦で、挑戦者スティーブン・バトラー(24=カナダ)を第5ラウンドTKO勝ちで退け、WBA世界ミドル級王座の初防衛に成功した村田諒太(33=帝拳)が、24日、一夜明けた都内で会見に臨んだ。

 色の濃い大きなサングラスをつけて報道陣の前に現れた村田は「顔が腫れているので、これでご容赦ください」と断った。試合後は祝福してくれる身の回りの知人に挨拶回りをして、深夜2時に帰宅した。

試合直後の囲み会見で左目周辺が既に腫れている。

 村田のプロ活動において、背水の陣とも思われた前回のロブ・ブラント(米国)第2戦に比べたら、今回の試合の方がややハードルが低いようにも思えたが、村田は「個人的には今回のほうが緊張した」と明かした。他でもないブラントへのリベンジ成功に大きな反響があり、同じレベルの感動を期待されるプレッシャーが大きかったのだという。
「(ブラント第1戦の負けで)自分のボクサーとしての火は消えかけていた。それをまた燃えあがらせてくれるように支えてくれる人に感謝したい」とほっとした様子で語った。

 家族には試合後、まだ会えていないという。今度の日曜は息子の野球を眺めていたいと希望も口にした。

村田のビッグマッチ構想を語るトップランク社のアラム氏(左)

 昨夜は海外でのプロモーションを 担当している米国大手トップランク社を主導とした 2020年の東京オリンピック前後のビッグマッチ構想が話題を集めたが、村田はその一方で国内でのプロモーション活動に従事している帝拳ジムに感謝も忘れていない。「帝拳は最高…いや、最善の手を尽くしてくれている。最高より最善が大事。信頼を持って与えられた試合を頑張りたい」と今後への心持ちを語った。

●編集部オススメ

・村田諒太がバトラーに5回KO勝利で初防衛、2020年は「リアルな試合を」

・リングガールも話題のトリプル世界戦、会場では声援も

・井上尚弥、村田諒太の“リアル”発言に、団体枠を越え「ファンは誰が最も強いかが見たい」

・TKO勝利で初防衛の村田諒太、リアルなマッチメイク願いの真意

・村田諒太vsカネロかゴロフキンを東京ドームで=米国プロモーション

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧