TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】福島秀和の対戦相手がカンフーベースのURCC王者に変更、中島太一はベルト目指しロシア選手と対決

2020/01/15(水)UP

福島の相手が変更、カンフーマスター・ファンが来襲する

 2月16日(日)東京・スタジオコーストにて開催される『PANCRASE 312』の対戦カードが発表された。

 既に発表されていた福島秀和(35=BLOWS)の対戦相手が変更、URCCバンタム級王者のブラッディ・ファン(27=アメリカ/DRAGON HOUSE MMA)となった。

 当初、福島はユ・スヨン(24=韓国/ボン柔術)との対戦が発表されていたが、練習中のケガにより欠場が決定。急遽ファンが参戦することとなった。

 ファンは2016年11月にデビュー。16歳から始めたカンフーをバックボーンとし、これまで10勝1敗。その10勝は7つのKOに3つの一本と、100%のフィニッシュ力を誇る。昨年8月にフィリピンのMMA団体『URCC』のアメリカ大会でセルジオ・コルテスを破り王者になったばかり。初の日本上陸で大きなインパクトを狙う。

オールラウンダーの福島はファンの打撃をさばき勝利できるか

 またフェザー級では6位の中島太一(30=ロータス世田谷)が出場。ロシアパンクラチオンからの刺客ボリス・フェドロフ(28=ロシア/ロシアパンクラチオン ハバロスク)と対戦する。

 中島は2011年にDEEPでプロデビューし、2012年にはパンクラスのネオブラッド・トーナメントで優勝。パンクラスでランカーとして活躍した後は北米に本部があった『WSOF-GC』、そして強豪が集まるロシアの『ACB』に参戦し5戦を経験。2018年9月、2年半ぶりにパンクラスへ復帰し田村一聖を撃破し、海外修行の成果を見せた。
 しかし昨年は4月、7月と2戦して2敗。自身のブログで「今年の目標はパンクラスのチャンピオン!今年で変えてやる!」と2020年は上を目指した戦いを見せると強く意気込んだ。

昨年2敗の中島太一がロシアのフェドロフを迎え撃つ

 対するフェドロフはライト級暫定王者・ソリホンと同じロシアパンクラチオン所属。レスリングと右のパンチを武器とし、10勝のうち5つをKOで勝利した強打者だ。ソリホン旋風が吹き荒れるパンクラスで、同じロシアパンクラチオンの実力を見せることができるか。

 その他、プレリミナリーで魔破DATE(Team DATE)vs鹿志村仁之介(ストライプル茨城)が決定している。

<決定対戦カード>
▼バンタム級 5分3R
福島秀和(BL0WS/同級5位)
vs
ブラッディ・ファン(アメリカ/DRAGON HOUSE MMA/URCC同級王者)

▼フェザー級 5分3R
中島太一(ロータス世田谷※2020年1月にパラエストラ東京より移籍/同級6位)
vs
ボリス・フェドロフ(ロシア/ロシアパンクラチオン ハバロフスク)

<プレリミナリー>
▼ライト級 3分3R
魔破DATE(Team DATE)
vs
鹿志村仁之介(ストライプル茨城/マーシャルワールド杯2019ライト級優勝)※デビュー戦

●編集部オススメ

・ソリホンと雑賀ヤン坊の完全決着男対決、元ZST王者の八田は永井美自戒と再起戦

・美女対決の鈴木万李弥「打撃でフィニッシュ」、法DATE「何が何でも勝つ」=前日計量

・王者・北方大地が初防衛戦、相手は2連続KO勝利中のアントリン

・“ビルダー系女子”沙弥子がキレた腹筋で計量パス「目の前に来た相手を倒す」

・女武士道イベント『凛』が旗揚げ、会見に謎の武術家“DATE四姉妹”が登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧