TOP > ニュース 一覧

【RISE】63kg級トーナメント組合せ決定、白鳥vs原口の王者対決は準決勝で実現か

2020/01/25(土)UP

-63kg級トーナメント組み合わせ抽選会に出席した選手たち

 4月12日(日)エディオンアリーナ大阪で開催される『RISE WORLD SERIES 1st Round』の記者会見が1月25日(土)都内にて行われ、8人制による-63kg級のトーナメント一回戦の組み合わせ抽選会が実施された。

白鳥(左)の一回戦の相手は元ルンピニー王者ヌンラーンレック(右)

 抽選の結果、一回戦の組み合わせは以下の4試合に決定した。
 【第1試合】ボルドバートル・アルタンドルグーン(23=モンゴル)vsステファン・コロディ(26=ルーマニア)
【第2試合】直樹(27BRING IT ONパラエストラAKK/RISEライト級2位vsヤン・カッファ(21=オランダ)
【第3試合】白鳥大珠(23TEAM TEPPEN/前RISEライト級王者)vsヌンラーンレック・ジットムアンノン(23=タイ/元ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者)
【第4試合】原口健飛(21FASCINATE FIGHT TEAM/現RISEライト級王者vsチャド・コリンズ(24=オーストラリア/WKA豪州スーパー・ライト級王者)

今年1月、原口(右)は秀樹を撃破し新ライト級王者に

 お互いに一回戦での対戦を熱望していた元ライト級王者の白鳥と 現王者の原口の新旧王者対決は、互いに勝てば準決勝で実現する。
 白鳥はこの-63kgトーナメントへの参戦に集中するため、保持していたRISEライト級王座を昨年11月に返上。この返上された王座決定戦が今年1月13日に行われ、原口健飛が秀樹に1RKO勝利で新王者となった。

原口(右)は強敵チャド(左)と対戦決定

 原口との一回戦の対戦が叶わなかったことについては「僕的には一回戦でやると決めてたが、今は何とも言えない気持ち。一回戦でやれないなら決勝戦でやりたかった」と残念そうな表情。
 元ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者ヌンラーンレックと対戦する白鳥は「うちのジムには3人のタイ人トレーナーがいるが、ヌンラーンレックは3人とも強いと言っていたのでまさか一回戦で当たるとは。それにしてもこっちのブロックがハード過ぎ」と苦笑い。しかし「見ての通り強豪が揃って、去年よりもさらにレベルの上がったトーナメントなので二階級制覇に向けて気を引き締めていく」と昨年の-61kg級トーナメントに優勝に続き、2階級制覇を目指すとした。

王者となった原口がリング上で白鳥に宣戦布告、白鳥も「1回戦でやろう」と応えていた

 一方、チャドと対戦する原口は「試合前は白鳥選手やチャドとやりたいと思っていたけど、実際にこうやって決まるとめちゃくちゃ嫌やし、怖いし、やりたくない」といつもより後ろ向き。チャドはこれまでに不可思、海人のみならず、ムエタイ二大殿堂の一つラジャダムナンスタジアムでMVPに輝いたセクサン、パコーンの二人や、ラジャダムナンウェルター級王者のサックモンコンといったムエタイ超一流を撃破している。原口は試合となったら爆発するタイプだけに期待したい。

直樹(左)はピーター・アーツ推薦選手のヤン(右)と対戦

 また、1月13日の出場者決定1dayワンデートーナメントを制した直樹は未知の強豪ヤンと対戦することになり、「やばいのが来た。ジム代表からあいつだけはやめとけと言われていました」と警戒する。ヤンは本日、トーナメント追加選手として発表。ピーター・アーツ推薦選手でプロ戦績は17戦無敗。格闘王国オランダが生んだキック界の至宝と評されたラモン・デッカーの再来と呼ぶにふさわしいトーナメント大注目の選手だという。
 さらに、第1試合で登場するステファン・コロディも本日追加。ステファン
はタイのPKセンチャイジムに練習拠点を置き、ルンピニースタジアムのメインイベントに出場するなどの実績を持つ実力者だ。

ボルドバートルvsステファンの外国人対決も決定

 果たして準決勝に進出するのは誰か。準決勝の『RISE WORLD SERIES Semi Final Round』は6月14日(日)横浜・ぴあアリーナMMで開催される。その他の出場選手のコメントは以下の通り。※会見には、ボルドバートルとステファンは欠席のため届いたメッセージを掲載

ヤン・カッファ
「私の師匠はピーター・アーツでして毎日練習しています。RISEのような大きなプロモーションで戦えることは光栄ですし、今すぐにでも試合がしたい気分です」

チャド・コリンズ
「今回のトーナメント参戦が楽しみ過ぎて仕方がありません。この大きなチャンスを活かすためにベストを尽くすので応援をよろしくお願いします。(一回戦の組み合わせが決まって)ここで勝てばヌンラーンレック、白鳥とやれます。とてもハードですが、とてもハッピーな結果だと思います」

ヌンラーンレック
「入学式のような気分で緊張してます。一回戦を突破して優勝します」

ステファン
「日本で大きなイベントで戦うチャンスをいただいたので興奮しています。もう待ち切れません」

ボルドバートル
「今回のトーナメントに出られることを嬉しく思います。一生懸命誰とやっても僕が勝ちます」

●編集部オススメ

・白鳥大珠、梅野源治に1RKO勝利し世界王者に「これからは僕の時代です」

・原口健飛、秀樹を初回KOし白鳥大珠に宣戦布告

・白鳥大珠、チャド・コリンズらが参戦『RISE WORLD SERIES 2020』が-63kgで開催決定

・2020開幕戦を飾った初ラウンドガール「KO連発で大興奮」

・KO勝利の鈴木真彦、リングサイドの那須川天心見て意地でも倒すことを決意

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧