TOP > ニュース 一覧

【レベルス】王者対決の老沼隆斗「倒すのが一番」とKO狙い、リーグ戦の安達浩平「全勝してベルト巻く」

2020/02/03(月)UP

王者対決に挑む老沼、勢いのあるジム内での存在感を高めるべく「世界のベルトが欲しい」

 2月29日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.64』に向け、2日都内で公開練習を実施。REBELS-RED(旧REBELS-MUAYTHAI)スーパーフライ級王者・老沼隆斗(21=STRUGGLE)、J-NETWORKバンタム級王者・安達浩平(team AKATSUKI)が公開練習に臨んだ。

 老沼、安達は2分間のマススパーを実施。多彩な蹴りを繰り出す老沼に、コンビネーションでパンチを見せる安達と、それぞれの個性を発揮した充実のマススパーとなった。

蹴りの老沼とパンチの安達、緊張感のあるマススパーを披露した

 老沼は今回、プロ無敗のMuaythaiOpenスーパーフライ級王者・白幡裕星(17=橋本道場)と対戦。「橋本道場は打ち合いの選手が多い中、ミドルを蹴って距離を取る選手」とスタイルを評価。王者対決となる今回は「レベルスの強さを見せるのはもちろん」と前置いた上で「橋本道場vsストラッグルという面もあるので、負けたらヤバイ。ジムの看板を背負ってしっかり勝ちたい」と、所属ジムを背負い戦う構えを見せた。

 その所属ジムであるストラッグルは、レベルス・KNOCK OUTで注目を集める美女ファイター・ぱんちゃん璃奈、「中年の星」として44歳の今もリングに上がり続ける松崎公則を擁する。先輩と後輩に挟まれる立場となってしまったが「今チャンピオンなのは僕だけ。レベルスのベルトの他に世界の名がつくベルトが欲しい」と、存在感を強めていく構えを見せた。

53.5kg王座決定トーナメントに臨む安達「代表と同じベルトが欲しい」と奪取に意欲

 昨年は5試合戦い、4勝1敗の成績を残した老沼。好成績といえる数字ではあるが、老沼は「去年は1回負けちゃって(2019年9月の泰史戦)。今年は圧倒的に全勝で、老沼が出たら盛り上がると言われる選手に成長したい」と高い目標を語った。
 同日、合同公開練習を行ったKNOCK OUTは、2月11日に大田区総合体育館で開催される。この会場に話が及ぶと「でかいところでも試合したい」と大会場も目標の一つとして掲げる。しかし会場の規模以上に「後楽園でも新宿FACEでも、小さなところでも存在感を出したい」と勝ち方にこだわる一年とする構えを見せた。

 2020年初戦となる今回は「倒すのが一番」とKO狙い。「テクニックを見せて自分が上回っていると証明したい」と技術戦の末のKO勝利をもぎ取ると強く宣言して見せた。

 安達はREBELS-REDライト級王者・良太郎の愛弟子の一人。昨年ジム内で唯一新タイトルを獲得した有望株である。今回参戦するのはREBELS-RED 53.5kg級王座決定リーグ戦。「代表も持っているレベルスのベルト、僕も欲しいと思っていました」とビッグチャンスに気持ちが上がったようだ。

先日10周年を迎えたレベルス、今年初戦を勝利で飾る構えの老沼(左)安達(右)

 今大会では前田伊織(北流会君津ジム)と対戦。リーグ戦には工藤“red”玲央、響波、古村光、Mr.ハガといった総勢6名が参戦している。その中で安達が注目するのは「古村選手です。サウスポーで若いので、勢いつけてガンガン来る」と古村を警戒。長丁場のリーグ戦の中、対戦の日に備えて「勢いに飲まれないように対策を練りたい」とすでに心構えは済ませているようだ。

 キックボクサーとしてもタイトルを獲得し上り調子の中、昨年9月に結婚したばかりの新婚ほやほや。プログラマーとして通常の勤務もこなした上の練習で「なかなか家にいなくて……」と申し訳なさそうな表情。「結果で妻に応えたい」と、ベルトの奪取にさらなる理由が積み重なった。

 ジムの代表である良太郎の今年の目標である「ベルトを3本」の中に、すでに組み込まれている安達のタイトル獲得。「リーグを全勝して、53.5kgのベルトを巻きたいです」と本人も気合十分。年間を通じて行われる王座決定リーグの初戦に快勝し、王座奪取に弾みをつけることができるか。

☆2.29 REBELS対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・老沼隆斗が17歳・白幡裕星と王者対決、53.5㎏王座決定リーグ戦も開幕

・鈴木宙樹、剛腕の小型シウバに「大きな動きに予兆あり」とKO宣言

・55.5kgトーナメントの組み合わせ決定、1回戦で小笠原瑛作vs壱のイケメン対決

・新環境で開眼したKING強介、タネヨシホとの試合は「100パーセント倒し合い」

・ぱんちゃん璃奈が『週プレ』でグラビアに挑戦「大人セクシー見てくださいませ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧