TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】村田諒太がトリプル受賞、カネロ&ゴロフキン「どちらも戦いたい」

2020/02/07(金)UP

年間表彰式でトリプル受賞した村田諒太

 2月7日(金)に都内のホテルでボクシングの19年度の『年間優秀選手表彰式』が行われ、最優秀選手賞(MVP)にWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)が選ばれた。

 WBAミドル級王者の村田諒太(34=帝拳)は優秀選手賞と殊勲賞、KO賞とトリプル受賞。19年は2戦しており、7月のロブ・ブラント(米国)とのリマッチで2RにTKO勝利しミドル級タイトルを奪取、12月のバトラー(カナダ)との初防衛戦も5RでTKO勝ちしている。
 村田は表彰式後の囲み取材で「ここに来ていい形でボクシングができているので、この結果に満足せず、今年は更に大きな試合を目指して頑張っていきたい」とコメント。

ゴロフキン(左)とカネロ、はたして村田との対戦はあるのか

 現在、正規王者の村田の上に位置する現WBA世界ミドル級スーパー王者で、世界4階級制覇王者のサウル・カネロ・アルバレス(29=メキシコ)や、IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン(37=カザフスタン)と対戦が噂されていることについては「やれるんだったら誰でもやりたいボクサー。それは僕も一緒。どちらでもいいから、もちろん戦いたい」と語る。

昨年12月の村田の初防衛戦後「ビッグマッチを手掛けたい」と語ったアラム氏(左)

 昨年12月の村田の初防衛後の会見で、海外での村田のプロモーションを担当する米国大手の『トップランク社』のボブ・アラムCEOは「今、私が目論んでいるのはオリンピック前に、世界4階級制覇王者サウル”カネロ”アルバレス(メキシコ)や、“戦いの神”として名高いゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)を日本に招き、村田と東京ドームで戦わせること。できればオリンピック前に1試合、オリンピック後に1試合を村田に用意したい」と語っていた。

 米の大手メディアのESPNは2月に入り「(”カネロ”アルバレスvs村田)は5月の対戦は消滅したが、ある情報筋によると秋には復活する可能性がある」と報道している。

 相手が決まっていない中での現在の練習として村田は「相手が決まってなくても自分に足りてないところはいっぱいある。そこを補えるようにやっている。違うことをやって崩れてしまっては仕方がない」と、今のスタイルのままで、マイナス面をプラスに持っていく練習など、やることは多いと答えた。

●編集部オススメ

・村田諒太vsカネロかゴロフキンを東京ドームで=米国プロモーション

・村田諒太、カネロと対戦プランに「交渉のハンドルは握ってない」

・田中恒成、井岡との対戦指令は「まだ聞いてない、一戦挟みたい」

・【ボクシング】年間MVPは井上尚弥、KO賞は村田諒太、年間賞 受賞者一覧

・【ボクシング・動画あり】テテにTKO勝利し新王者のカシメロ「次はモンスター井上、俺と戦え!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧