TOP > ニュース 一覧

【K-1】不可思が安保瑠輝也にKO宣言、勝てばK-1が6団体目のベルト獲得

2020/02/16(日)UP

不可思(右)が王者・安保瑠輝也(左)に勝利し6団体目のベルト獲得となるか。(C)M-1 Sports Media

 3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』の「K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ」で王者・安保瑠輝也(24=team ALL-WIN)と対戦する挑戦者・不可思(28=クロスポイント吉祥寺)のコメントが主催者より届いた。

 K-1 JAPAN GROUP 4戦目にしてタイトル挑戦が決まったことに、最初聞いた時は驚いたと言う不可思。
「3月に盛り上がる相手とやって、その次ぐらいにタイトルマッチができたらいいなぐらいに思っていました」というが、以前から不可思は「安保選手と戦ってみたい」とSNSで発信していた。

不可思が右フックをテンプルに打ち込み大和をKOした瞬間(c)AbemaTV

「それはK-1参戦前から言ってましたね。当時よくSNSでファンの人に『誰とやりたいか?』と聞かれて、(安保)瑠輝也選手の名前を出してたんですよ。そうしたら向こうも自分の発言に反応してくれたことがあって。そういうやりとりはK-1参戦後も少し続いていました」と不可思にとっては念願の試合だ。

 試合のイメージについては、既にあるが、ここでは言えないとしながらも「結果としては僕が倒すつもりでいるんで、そうすれば盛り上がるんじゃないですかね。最後はKOという形で魅せたいと思います」とKO宣言。

 昨年6月からK-1に参戦し、12月の名古屋大会で地元の先輩である大和哲也にKO勝利した不可思は、ようやくK-1の戦いが出来上がってきたと語る。

18年8月、KNOCK OUT初代スーパーライト級王座を獲得したときの不可思

 KNOCK OUTやレベルス、ビッグバン、WPMF、RISEでベルトを獲得してきた不可思がいよいよ6団体目のK-1のベルトに王手をかける。
「これだけ色んな団体でベルトを獲ってきて、あと自分が獲ってないベルトが何かっていったらK-1のベルトしかないんで。ここでK-1のベルトを獲ってチャンピオンになれば、それこそ僕にしか出来ないことだと思うし、それが僕がK-1に来た理由」と意気込んだ。
 昨年5月、K-1のリングに上がり参戦を発表した時「喧嘩を売りに来た、よそ者の俺がK-1のベルトを奪う」と宣言しており、その言葉通り、ベルトを奪えるか注目される。

☆【K-1】3.22大会のその他対戦カード、スケジュール

●編集部オススメ

・【K-1】安保瑠輝也が早くも2度目の防衛戦、外敵・不可思に「大チャンスですね。頑張ってください」

・【K-1】不可思が名古屋の先輩・大和哲也にKO勝利、涙ながらに思いを語る(動画あり)

・”外敵”不可思、KNOCK OUTの次はK-1のベルト目指し「1Rから倒しに行く」

・武尊がISKA王者とWタイトル戦「現役あと何年あるか、挑戦する試合を」(武尊)

・久保優太が3度目の防衛戦「ピケオーは僕のスタイルが苦手」、牙城を崩すと宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧