TOP > ニュース 一覧

ボクシング世界王者の京口紘人が浅倉カンナにパンチ伝授、異種格闘技スパーも(動画あり)

2020/03/01(日)UP

京口紘人が浅倉カンナにパンチを伝授した(Photo:浅倉ファミリーチャンネル

 RIZINで活躍する総合格闘家の浅倉カンナ(22)がパンチ強化のため、ボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(26)に指導を仰いだ。
 浅倉はレスリング出身で、17年に『RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント 決勝』ではシュートボクシング女子王者のRENAからチョークで一本勝ち、昨年12月には『ベラトールジャパン』でジェイミー・ヒンショー(米)にキムラロックで勝利するなどグラップリングの名手だが、これまで打撃によるKO勝ちはない。

フックを教わる浅倉

 その浅倉が自身のYouTubeチャンネル『浅倉ファミリーチャンネル』で京口にパンチを教わる企画を昨日(29日)アップした。
「パンチが苦手」という浅倉に分かりやすく教える京口。その内容に視聴者から「京口選手教えるのうまいな。ボクシングにとらわれない教え方している」「選手として1流だが、指導者としては超1流になるだろう」と絶賛。
 浅倉がサンドバッグを叩くと、「そんなパンチじゃマジで倒れない」と京口は笑うと「倒したことない」と素直に言う浅倉。実演する京口のパンチの破壊力に浅倉は驚く。

教わった必殺のアッパーを京口のミットに叩き込む浅倉

 次にフォームを確認しながら京口がアゴを引くコツ、足で打つパンチ、フックをコマのように軸を回転させて水平に打つ方法などアドバイス。そして漫画『はじめの一歩』で、一歩とダウンの応酬を演じた真田一機の必殺技『燕返し』を伝授。ダブルアッパーだが二発目のアッパーを縦拳で相手のガードをすり抜けるように打つ方法だ。
 京口がミットを持ち徐々に上達する浅倉。格闘技初心者のみならず、競技選手にもプラスになる内容となっている。

スパーリングで京口に立ち向かう浅倉カンナ(京口紘人チャンネルより

 その後、2人はスパーリングへ。このスパーリングは浅倉とのYouTubeコラボとして京口紘人チャンネルにて昨日アップ。ルールはボクシングルールで一発でも京口の顔に当てたら京口からプレゼントを贈呈すると提案。パンチを教わった浅倉は「自信がある」と豪語。ゴングが鳴り浅倉は圧力をかけ積極的にパンチを連打。京口は下がりながら浅倉にボディストレートがヒット。素早く動き回る京口に浅倉は思わずタックルをしかけてしまうなど熱戦が繰り広げられた。
 この企画で打撃力がアップしたであろう浅倉、更に打撃力を伸ばし、今年はボクシング王者伝授のパンチで初KO勝利に期待したい。

▼浅倉ファミリーチャンネル
(https://www.youtube.com/channel/UC1Fgn2YxBxviecK8QP7vsdg)

▼京口紘人のチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCgwNAGfFi6SLkqF0nJnUv9A)

●編集部オススメ

・【ボクシング】作者も公認、京口紘人の「はじめの一歩」テクニック動画が好評

・【RIZIN】浅倉カンナがRENAを絞め落としトーナメント制覇

・【ボクシング】京口紘人が圧勝、TKO勝利で2階級制覇

・【RIZIN】浅倉カンナとRENAが計量クリアー、RENA「ぶっ飛ばすしかない」

・【RIZIN】朝倉未来、宣戦布告の元ONE王者の朴を「誰?」クソガキ発言も意に介さず(試合動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース 一覧