TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊が計量パス、対戦相手の急遽変更にも「最高の試合をして必ずKO」と勝利宣言

2020/03/21(土)UP

武尊はリミットジャストで計量をパスし気迫のマッスルポーズ

 3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』の前日計量・記者会見が、21日都内にて行われた。

 第19試合【株式会社フュディアルクリエーション Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1Rに出場するK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と、対戦相手である元タイ国BBTVスタジアム認定フェザー級王者ペッダム・ペットギャットペット(24=タイ/ペットギャットペットジム)が共に計量に望み、武尊は60.0kg、ペッダムは59.3kgで共にリミットの60.0kgをパスした。

急遽参戦が決まったペッダムは59.3kgとやや余裕を持って計量パス

 当初、武尊は本大会のメインイベントで、ISKA世界ライト級王者アダム・ブアフフ(モロッコ)との「K-1 WORLD GP&ISKAダブルタイトルマッチ」に挑む予定だったが、ブアフフが新型コロナウィルスの影響により来日不可となったため中止。急遽ペッダムとの対戦に変更され、試合順も第19試合に変更となっている。

 会見に臨んだ武尊は「本来ダブルタイトルマッチの予定だったんですけど、こうして選手が替わってしまって。この状況で試合を受けてもらえたペッダム選手に感謝しています」と代打出場を快諾したペッダムへ感謝。そして「明日はムエタイの世界の中でも一握りのベルトを巻いた選手なので、その選手と最高の試合をして必ずKOで勝ちます」と、対戦相手が変わってもKO勝利を目指すと宣言した。

「ヨーキッサダーよりK-1向き」と評価するペッダム相手に「明日は最高の試合を」と意気込む武尊

 昨年のK’FESTAでもタイ人トップファイターであるヨーキッサダー・ユッタチョンブリー(当時ラジャダムナン王者)と対戦したことを振り返ると「2年連続でムエタイトップファイターとやらせてもらえるのはうれしい。去年のヨーキッサダー対策もいれつつ、(ペッダムは)さらにアグレッシブだと思うので、今回は今回でしっかり対策したい」と、昨年身につけた対タイ人対策も活用するとした。

 急遽対戦相手が変更となったことについては「対策は全部変わりますが、どの選手にも対応して勝って乗り越えられる自信をつけたいと思っていました」と、むしろ好機と判断。「カードが変わったことも試練だと思って乗り越えて、自信に変えたいと思います」と変わらず勝利を目指すという。

コメントする武尊

 新型コロナウィルスの感染拡大により、世間には大きな影響が出ているが、武尊は「今こういう状況なので、K-1が開催する意味を僕らの試合で見せていかないといけない。世界中が元気になるような試合をしたい」と、沈みがちな世間に力を与えるような試合を見せることを約束した。

 対するペッダムは計量を終えて「明日戦う準備は出来ています。体の準備は100%」と、緊急参戦にも関わらず万全の状態であることをアピール。自らのファイトスタイルを「ひたすら前に出るスタイル」とし「武尊選手と戦えることはうれしい。明日は勝ってタイに帰ります」とこちらも笑顔で勝利宣言を見せた。

<計量結果>
▼第19試合 【株式会社フュディアルクリエーション Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R 60.0kg
武尊(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) →60.0kg
vs
ペッダム・ペットギャットペット(タイ/ペットギャットペットジム) →59.3kg

☆3.22 K-1 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・武尊の対戦相手変更で試合順も変更、メインはスーパー・ウェルター級T決勝戦

・武尊「片っ端から世界王者を倒していく」=3.22 K-1 & ISKA タイトル戦

・武尊が前回とは比べ物にならない仕上がり、実戦感覚と攻撃のバリエーションが鍵

・”パンチを予見する男”カメラマン・福田直樹のK-1お気に入り写真とは

・芦澤竜誠「復帰するなら皇治とやる」3.22会場にも出現予告(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧