TOP > ニュース 一覧

K-1創始者・石井和義館長 ”志村けんさんの礼儀に負けた” 追悼メッセージ

2020/04/01(水)UP

石井和義 正道会館館長

 K-1創始者で、空手の正道会館・石井和義館長(66)が31日、自身のツイッターを更新。3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で亡くなった志村さんを偲ぶエピソードを記した。

 石井館長が麻布十番の小さな家庭料理店内でのエピソードを語り「どうも志村です」と挨拶されたという。その光景は至極当たり前のようだが、石井館長にとっては「初対面で先に挨拶されて参った、僕の負けである」と語る。 

石井館長が原作の女子空手家の漫画「どるから」。現在作家としても空手の普及に務める

 空手家、武道家ゆえにそう感じられたのだろう。武道は礼に始まり、礼に終わる。また挨拶は自分から、と教えられるが、全て完璧には難しい。相手が自分のことを知らない場合だってあり挨拶を躊躇することもある。挨拶しようかと思っている時に向こうから挨拶されることもある。

 石井館長は続けて「僕には初めてのお店だったが、志村さんは常連だったらしい。挨拶で人間性が分かる、良い人過ぎるほど良い人だった」と振り返った。武道でも一般社会でも、相手が先輩、後輩、立場関係なく気持ちのいい挨拶をしていきたいところだ。
 そして最後に「芸能人で再会したいと思った貴重のお方でした。残念でならない。合掌」と志村さんを偲んだ。

●編集部オススメ

・【訃報】初代K-1王者シカティック逝く、石井館長「彼の優勝からK-1は始まった」

・【正道会館】石井館長「自分自身に利益を生み出すイベントは卒業、みんなに僕を超えて欲しい」

・UFCへ電撃移籍のRIZIN王者ケイプ「今まで応援ありがとう、将来また日本で戦う」

・【空手】植草歩が、自宅でできる空手トレーニング動画公開「簡単だよ」

・【フィットネス】”難易度高め”筋肉女子ファイター渡辺華奈が”家トレ”動画を投稿中(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧