TOP > ニュース 一覧

【UFC】王者・ヌルマゴメドフが『UFC249』の出場拒否「有名人は、人々にウイルス拡散防止を促す義務がある」

2020/04/02(木)UP

全世界が隔離されるべきとわかった」と投稿したヌルマゴメドフ

 4月18日(土)に、無観客大会として開催が報じられている『UFC249』では、世界ライト級タイトルマッチとして、王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)vsトニー・ファーガソン(アメリカ)が予定されている。

  3月30日にはSNSライブ配信で、ロシアの国境封鎖で出国が困難だと訴えたヌルマゴメドフ。4月2日には再びSNSで声明を発表した。

マクレガーの顔面にパンチを叩き込むヌルマゴメドフ

 現在ヌルマゴメドフがいるロシアではモスクワを中心に様々な地域で、厳格な外出自粛体制が敷かれており「自宅に隔離され、私の試合の状況に対する人々の反応を読んでいると、全世界が隔離されるべきだとわかった」とSNSで書き出す。

 さらに「世界中の有名人は、病気の広がりを制限するため、安全な要件に従うように人々へ促さなければならない。それなのに、自分だけが全ての義務から解放され、戦いのため自由に世界中を飛び回ったり、トレーニングをしなければならないのか?」と有名人としての責務を果たしたいとする。

マクレガーをリアネイキドチョークで一本勝ちに仕留めるヌルマゴメドフ

 続けて「私だって試合をキャンセルすることに腹を立てている。毎日は予測できないくらい変化している。自分の身体を大事にしてほしい、そして私の立場になってみてくれ」と結んでいる。

 また、ヌルマゴメドフのこの投稿の後、挑戦者のファーガソンはESPNのインタビューに応じ「あいつは戦いたくないんだ、怯えて逃げている。タイトルを剥奪されるべきだ」と不快感をあらわにした。

●編集部オススメ

・4・18 王者ヌルマゴメドフ、世界的な国境封鎖でロシアからの出国困難を訴える(動画あり)

・UFCへ電撃移籍のRIZIN王者ケイプ「今まで応援ありがとう、将来また日本で戦う」

・「仲間を切るなら俺もクビにしろ」マクレガー倒したヌルマゴメドフ、怒りの声明

・元UFCのフィリップ・ノヴァーが医療崩壊寸前のニューヨーク市ICUで勤務、現場の苛烈さ語る

・打撃力を磨くUFCマクレガーのパンチングマシーンは何?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧