TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】5.31中止決定で”これで3ヶ月連続” 緊急事態宣言の延長の方針受け=次戦は7月

2020/05/02(土)UP

修斗の世界王座を返上して、パンクラス王座を目指し初参戦する松本(右)の一戦は、4月に続きまたも延期となった(写真は4月大会のカードビジュアル)

 総合格闘技団体のパンクラスは5月31日(日)に開催を予定していた『PANCRASE315』を8月23日に大幅に延期する事を2日、発表した。

 この大会は林源平(同級1位/和術慧舟會Iggy Hands Gym)vs雑賀”ヤン坊”達也(同級3位/総合格闘技道場DOBUITA)の暫定王座戦、そして今年2月に修斗ライト級世界王座を返上しパンクラスへ参戦することで話題となった松本光史(フリー)がパンクラスのライト級王座を狙う第一弾として松岡嵩志(パンクラスイズム横浜/同級9位)と戦うことになっていた。

 パンクラス代表の酒井正和氏は
「新型コロナウィルスの感染者減少が見えていない中、パンクラスとして3ヶ月連続で大会を延期する事に致しました。緊急事態宣言で多くのお店が休業し、都心部では医療崩壊の可能性が表立っているこの時期に、大会自体を開催に向かうのは正しい事ではないと判断しました」と3ヶ月連続の中止、延期となったパンクラス。ほぼ毎月大会を行っているだけにコロナで中止が重なっていく。

前回開催は2月。UFC帰りの堀江圭功が流血の打撃戦を制し勝利した。この熱い戦いは7月から復活するのか

 先の元修斗王者の松本vs松岡のカードは4月12日(日)に東京・スタジオコーストにて開催される『PANCRASE 314』で開催される予定だったが、延期されスライドしたもの。また、雑賀vs林のタイトルマッチは3月8日(日)開催の『PANCRASE 313』で開催予定だったものが、2ヶ月以上先の今回の5月31日大会にスライドされたが、コロナ収束とはならなかった。

 続けて酒井代表は「次回7月5日大会や、新規日程追加の可能性も含め、選手、ファンの皆様の安心・安全が確保できる状態でイベントを開催したいと思います。そして5月31日大会自粛延期に伴い、メインカード枠の選手に3万円のコロナ手当を支給する事を決定致しました。この事態に少しでもパンクラス参戦希望選手を守っていく為の努力をしていきます。」とした。

●編集部オススメ

・【パンクラス】修斗世界王者の松本光史、王座返上して電撃参戦「パンクラスのベルトを狙う」

・【パンクラス】UFC帰りの堀江圭功が国内復帰戦に勝利、内村洋次郎との流血の打撃戦を制す

・【パンクラス】開催延期の3月大会メインとセミが5月へスライド=雑賀vs林、ドゥトロvs秋葉

・ビルダー系格闘女子・沙弥子、本格ドS”腹筋教室”配信で視聴者がキツすぎ悶絶!

・プロボクシング興行は6月末まで自粛、格闘技・プロレスなどの開催予定は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧