TOP > ニュース 一覧

ボクシングとUFCがラスベガスで”無観客”開催決定=5月30日より

2020/05/28(木)UP

ボクシングとUFCがラスベガスで再開へ(写真はボクシング4階級王者のサウル・アルバレス=getty/efight)

 ボクシング・キックボクシング・総合格闘技などの徒手格闘技の競技を統括するネバダ州アスレチック・コミッションNSAC)は27日(水)の朝の電話会議で満場一致で、5月30日と66日(共に現地時間)にラスベガスのUFC Apexで開催予定の無観客UFCイベントを許可することを承認した。

 また、ボクシングでは、トップランク社が主催する69日と611日(共に現地時間)にラスベガスのMGMグランドホテルで開催予定の無観客ボクシングイベントを承認した。

 これはネバダ州が26日(火)夜、再開のための第2段階(無観客のスポーツイベント、コンサート、劇場公演)を発表したことによる。

 UFCは今月、フロリダ州ジャクソンビルで3大会を運営した後、本拠地ラスベガスに戻ることを目標にしていた。

6月6日のUFC250では女子世界王者のアマンダ・ヌネス(左)が防衛戦を行う(UFC Twitterより)

 30日のUFC Fight Nightは、元王者タイロン・ウッドリーとギルバート・バーンズのウェルター級戦がメイン。66日に開催される『UFC250』では、UFCフェザー級王者アマンダ・ヌネス(ブラジル)が、フェリシア・スペンサー(カナダ)を迎え防衛戦を行う予定だ。

 ボクシングの69日のカードは、WBO世界フェザー級王者シャクール・スティーブンソン(米)vsフェリックス・カラバロ(プエルトリコ)のノンタイトル戦、そして女子ボクシングのミカエラ・メイヤー(米)vsヘレン・ジョセフ(ガーナ)が同時開催される。

 UFC、ボクシングともに選手とチームスタッフのコロナウイルス検査、イベントが終了するまでの隔離(一般人との接触禁止)などが義務付けられる。

●編集部オススメ

・【ボクシング】マイク・タイソン、ホリフィールド戦に前向き「助けを必要としている多くの人がいる」

・【UFC】マイク・タイソンから指導受けたガヌーが秒殺KO​勝利

・朝倉未来のコラボ呼びかけに、ボクシング世界王者・京口紘人とラウェイ王者・渡慶次ら名乗り

・「チキン」と呼ばれ激怒、朝青龍がサップぶん投げ圧勝

・渡辺華奈がベラトール参戦視野、中井りんとの頂上対決にも前向き

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧