TOP > ニュース 一覧

【Krush】菅原美優、美容師になり初戦「KANAさんに近づきたい」王座戴冠目指す

2020/07/18(土)UP

7月21日にトーナメントが開幕する(c)K-1

 7月21日(火)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.115』で、「第3代Krush女子アトム級(-45kg)王座決定トーナメント」が開催される。このトーナメントは2日間で行われることになり、初戦(準決勝)がこの日に行われる。

 準決勝・第1試合では、優(北斗会館押上道場)vs菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が行われる。

コメントする菅原(c)K-1

 菅原は、現在は就職して美容師として働きながら練習に励んでいる。「いきなりトーナメントではなくて、焦らずゆっくりやりたい気持ちもあったけど、チャンスをいただいて、やるしかないなと思って決断しました」と参戦を決意した。

 練習を重ねることで「やっと自分が成長している実感があります。今までの倍以上の練習ができていて、動きの中で出来る技も増えたし、組み立ての幅も広がっているのでワクワクしますね」と自信がついてきた様子。

 菅原にとって、同門の現K-1王者のKANAの存在は大きい。「階級は違うけど、ずっとKANAさんがKrushのベルトを巻いている姿を見て来ました。私もKrushのベルトを巻きたいと思います」と意欲を示す。さらに「KANAさんは雲の上の存在で、偉大すぎる存在なんですけど、チャンスをものにして、少しでもKANAさんに近づきたい」と話した。

笑顔で意気込みを語る優(c)K-1

 対する優は「2つ勝てばベルトくれるんでしょ。だったら2つ勝とうかなって思いました。今までは『次の試合に勝ったら、どんなチャンスが来るんだろう』って考えてたんですけど、今回はそれが明確になった」と目標が定まった。

 このトーナメントでトーナメント出場選手に負けていないと思うところを聞かれると「フィジカル。ただフィジカルだけに頼らないようにしないといけないですね」という。自身のトレーニングの成果を強烈な打撃に出すつもりだ。

現在は美人美容師の菅原だが、計量では割れた腹筋でマッスルポーズを披露(19年7月)

 ベルトについては「ずっとこの舞台でやってきたんで感慨深い。あとK-1には女子アトム級がなくて、Krushには女子アトム級がある。形としての結果を出しやすい場所だと思うんですよ。それを考えたら形に残る結果を出しやすい場所だと思うし、私にとってベルトはあと2つ勝ったらもらえるご褒美みたいなものですね」と語った。

 準決勝・第2試合では、MOE(若獅子会館)vsチャン・リー (K-1ジム五反田チームキングス)が行われる。

関連=準決勝・第2試合インタビュー:MOE「女子高生を舐めんなよ!」チャン・リー「子供たちに夢が叶うを証明」=女子王座T

☆7.21 Krush 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・菅原美優が強豪・C-ZUKAに判定勝利=前回の試合

・【Krush】17歳・MOEとタイの17歳が計量パス「めっちゃ面白い試合します」(MOE)

・【Krush】チャン・リーがアマエリート森川に打ち勝ち、Krush初勝利

・20歳になった菅原美優が計量パス「美容学生としての最後の試合、勝ちに行く」

・【Krush】7.21試合順決定、メインは王者レオナ・ペタスvs大岩龍矢のタイトル戦、菅原美優ら出場の女子Tも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧