TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】山本アーセン、1年2ヶ月振りの参戦で加藤ケンジと激突「必ず這い上がる」

2020/07/18(土)UP

対戦する山本(左)と加藤(右)(C)RIZIN FF

 8月9日(日)、10日(月)にぴあアリーナMMにて開催される『RIZIN.22 -STARTING OVER-』、『RIZIN.23 -CALLING OVER-』の対戦カード発表記者会見が18日(土)都内にて行われた。

 9日(日)の『RIZIN.22 -STARTING OVER-』では、[RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)]で、山本アーセン(23=KRAZY BEE)と加藤ケンジ(29=K.O.SHOOTO GYM/3POUND)が対戦する。

ヒジ打ちをヒットさせる山本(C)RIZIN

 アーセンは、山本美憂の息子で生まれながらの格闘一族・山本家の最終兵器。4歳で始めたレスリングでは、ジュニアで数々の大会で優勝。RIZINには、15年末に初参戦して、デビュー戦はクロン・グレイシー、その後も才賀紀左衛門などとの対戦で実績を積んでいる。連敗も経験したが、19年6月には、RIZINでティム・エスクトゥースをヒジでKOして復活をアピール。しかし、その後は怪我の影響で戦線離脱を余儀なくされ、今回が1年2ヶ月振りの参戦となる。

パウンドを打ちに行く山本(C)RIZIN

 対する加藤は静岡出身でDEEP、修斗を主戦場とし、2016年9月から2018年7月にかけ6連勝をマーク。昨年5月にはRIZIN出場経験を持つ魚井フルスイングと修斗で対戦するも左オーバーハンドフックでKO負けを喫した。同10月にガッツ天斗、12月には”The ギロチン”齊藤曜を修斗にて下し2連勝し復活をアピール。しかし、地元のRIZIN浜松大会では、金太郎にリアネイキッドチョークで一本負けを喫した。今回が、再起戦だ。

 両者は会見には欠席したが、コメントが届いた。
 アーセンは「コロナウイルスで世界中の人たちの生活がメチャクチャになってしまいました。そんな中で榊原さんとRIZINの全ての関係者の方たちの物凄い努力のおかげで、またこうしてリングに立たせてもらうチャンスをいただきました。本当に感謝しています」と感謝の意を述べる。

前回は一本負けを喫した加藤(C)RIZIN

 怪我での長期離脱もあったが、「今回は僕にとっても復帰戦になります。1年以上もリングに立てなくて本当に悔しい毎日を過ごしてきました。必ず勝って、次へのステップに繋げたいと思います。もちろん今の自分が置かれている立場もわかっています。列の一番後ろから必ず這い上がってみせます」と意気込んだ。

 対する加藤は「前回の地元開催の浜松大会で良いところが出せず完敗してしまいましたが、また今回チャンスを頂きありがとうございます。前回大会の翌日からトレーニングは再開して、しっかり準備はできています。今回殴り倒して自分の強さを証明したいと思います」とのコメントを寄せた。

<対戦決定カード>
▼RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)※肘あり
山本アーセン(23=KRAZY BEE)
vs
加藤ケンジ(29=K.O.SHOOTO GYM/3POUND)

●編集部オススメ

・【RIZIN】山本アーセンが連敗脱出、右ヒジで失神KO勝利

・“まさかりチョーク”炸裂、金太郎がRIZIN初陣で失神一本勝ち

・【RIZIN】榊原CEOが内山高志vsメイウェザー戦のオファー打ち明ける、夢の一戦の実現なるか

・【RIZIN】皇治、MMA参戦あるか、那須川天心や朝倉海と対戦の可能性も=榊原代表コメント

・【RIZIN】榊原代表、元十両・貴ノ富士とコミュニケーションも「交渉はしていない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧