TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉海の勝利見届けた元谷友貴、バンタム級タイトル戦線に意欲

2020/08/11(火)UP

勝利の元谷はタイトル戦線へ意欲

 8月10日(月・祝)神奈川・ぴあアリーナMMにて開催された『RIZIN.23』のセミファイナルRIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)※肘ありに出場した元谷友貴(30=フリー)、魚井フルスイング(35=和術慧舟會HEARTS)が試合後のインタビューに応じた。

 試合を終えた元谷は「ちゃんと一本で勝てて良かった」と安堵の表情。打撃の魚井、寝技の元谷という図式になっていたこの一戦だが「思ったより前に出てこなかった」という魚井に対し「打撃を当てられたら組み付いて、総合的に相手の弱いところを見る」という戦前に予定していた通りの決着となった。

ギロチンチョークをガッチリと極めて一本勝ちする元谷

 この大会のメインイベントは元谷の階級であるRIZINバンタム級のタイトルマッチ。朝倉海と扇久保博正で争われる一戦を控え、今後の目標を「タイトルに絡めるようなトップの選手と戦いたい」とした。

 ちょうどこのインタビューを受けている最中に朝倉vs扇久保のタイトルマッチが決着し、朝倉の勝利を見届けた元谷は「朝倉選手強いっすね!」と驚きの表情を見せていた。

元谷に敗れた魚井は沈痛な面持ちでファンへの謝罪と周囲への感謝を述べた

 一方で元谷に敗北した魚井は会見場に姿を現すと「応援してくれた人にごめんなさいと言いたい」と、支援者に向けて謝罪の言葉。

 そしてこの一戦に向けて「HEARTSに出入りしているいろんな人が協力してくれたので、納得して元谷選手の前に立てた」と多くの協力を得られたことに感謝の言葉を延べ、言葉少なに会見を締めくくった。

●編集部オススメ

・[今回の試合]元谷友貴、魚井フルスイングをギロチンチョーク葬

・朝倉海、扇久保博正を初回TKO勝利=今年初のRIZIN王者に

・王座奪取の朝倉海、目指すは大晦日での堀口恭司戦

・朝倉海の王座戴冠に元王者・堀口恭司「待っててね」

・女子プロレス人気リングアナが異例のラウンドガールに、夢語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧