TOP > ニュース 一覧

【フード】「かにかま」が筋トレ界進出、BCAA配合=9.1発売

2020/09/01(火)UP

■45gあたりタンパク質7.2g、BCAA1,300mg配合の「スポーツかにかま」

スポーツかにかま

 かまぼこやちくわ等を数多く取り扱う一正蒲鉾株式会社から9月1日(火)より、通販限定で「スポーツかにかま」を販売した。

「スポーツかにかま」は主原料である魚由来のたんぱく質(フィッシュプロテイン)を豊富に含み、1本(約45g)にたんぱく質7.2g、脂質0.1gが含まれる。

45g中、タンパク質7.2g、BCAA1,300mg配合されている

 この商品の大きな特徴は、筋肉を作るのに必要なBCAA(必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシン)も1本あたり1,300mgも配合していることだ。BCAAは体内への吸収スピードが速く、運動中や運動前後に摂取すると筋肉の分解抑制や修復に効果的と言われている。

 さらに片手で気軽に食べることができ、常温保存も可能な商品のため、運動後にも手軽にたんぱく質とBCAAを補給することが出来る。まさにスポーツに励む人々のための機能性に特化したカニかまとなっている。

 1日に必要なタンパク質摂取量は運動をしない人で体重1kgあたり0.8g、運動をする人で1g~1.5gと運動強度により異なってくる。普段のタンパク質摂取の補助として、また、トレーニング後の素早いタンパク質補給をより美味しくと考える方には良いだろう。

■タンパク質摂取に注目を浴びるかまぼこ類

 魚肉を主な原材料として作られるかまぼこ類が、高たんぱく低脂質な食品として注目を集めている。

 株式会社紀文食品の発表によると、かまぼこは他の食材(まさば(水煮)・ぶたかたロース(脂身つき・生)・鶏卵(全卵・生))の栄養価と比べてもカロリー・脂質が低く、たんぱく質・カルシウムを比較的豊富に含んでいる事がわかる(※図1)。

かまぼこと他食品の栄養比較(株式会社紀文食品)※図1

かまぼことハムの栄養比較(株式会社鈴廣蒲鉾本店)※図2

 また、株式会社鈴廣蒲鉾本店の発表によれば、かまぼこ1本には魚6~8匹のたんぱく質がつまっており、かつ、かまぼこの脂質はハムの14分の1。100gのハムを食べるとたんぱく質(17g)とほぼ同じ量の脂質までとってしまうが、かまぼこだと脂質わずか1gと効率よくたんぱく質をとることが可能だ(※図2)。
 さらに、一般的にかまぼこの脂質には魚の脂質も含まれ、その脂質に高度不飽和脂肪酸「EPA」と「DHA」が含まれており、健康やダイエットの助けになるとも言われている。

商品名:スポーツかにかま
内容量:1本(約45g)
希望小売価格:1本 220円(税抜) 8本入 1,760円(税抜)
※1本からの購入はいちまさオンラインショップ限定

●編集部オススメ

・【フード】筋肉はコオロギでつける? 鶏を超える超高タンパク食=コオロギ煮干しも登場

・【フード】栄養が鶏肉の9羽分!? 高たんぱく低カロリーな“ハト肉” 専門店がオープン

・【フィットネス】初のミスター日本となった横川尚隆「とにかくバルクを追い求めた」

・【フィットネス】きんに君がフィジークデビュー戦で3位入賞=東京ボディビル選手権

・等身大『バキ』と並んだ日本一ビルダー横川尚隆の再現度に「リアル刃牙」「腕が刃牙超え」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧