TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥vsモロニーが10.31と正式発表、共に8割超えるKO率

2020/09/09(水)UP

ジェイソン・モロニーとの対戦が決まったWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(Photo:Naoki Fukuda)

 米大手ボクシングプロモーションのトップランク社は昨日深夜に10月のボクシングスケジュールをSNSで公開。そこには10月31日(日本時間11月1日)に[WBA&IBFバンタム級タイトルマッチ]としてWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(27=大橋)vs.WBO世界同級1位で、WBA同級3位のジェイソン・モロニー(29=オーストラリア)のカードが掲載されていた。

 米国内のネットライブ放送のESPN+で放送され、場所は海外メディアによるとラスベガスと報じられている。

トップランクが発表した10.31井上vsモロニー の対戦カード(Top Rank Boxingより)

 井上にとって、WBAは4度目、IBFは2度目の防衛戦だ。トップランクは今回、10月の5つのカードを発表し「他に何も言うことはない」と発信した。このカードの中には4団体統一戦として世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(32=ウクライナ)vsIBF同級王者テオフィモ・ロペス(23=米国)が10月17日(現地時間)に行われるこ

とも掲載されている。この10月のカードを、米スポーツ専門チャンネルのESPNも動画を使ってSNSで紹介した。

 井上は今年4月25日に予定していた井上とWBO世界バンタム級王者のジョンリール・カシメロ(フィリピン)との3団体王座統一戦を行う予定だったが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け中止となり、今回のモロニーとの対戦が組まれることとなった。昨年11月7日のドネア戦以来1年ぶりの試合となる。

ドネアとの激闘から1年ぶりの試合となる井上(右)

 モロニーは18年10月WBSSの1回戦でIBF世界バンタム級王者エマニュエル・ロドリゲスに勝てば19年5月に井上と準決勝で対戦するはずだったが、判定2-1の僅差で敗れ、準決勝に進めなかった。モロニーにとっては戦えるはずだった準決勝から1年半ぶりに巡ってきた待望の対戦といえる。共に8割を超えるKO率、井上のV4なるか。

 井上尚弥:身長165cm、リーチ171cm、戦績:19勝 (16KO) 無敗、右ボクサーファイター。
 ジェイソン・モロニー:身長、リーチともに165cm、戦績:21勝(18KO)1敗、右ボクサーファイター。

●編集部オススメ

・井上尚弥とWBO1位のモロニーがサイン、11月対戦へ=ボブ・アラム氏語る

・ロマチェンコvsロペスの4団体統一戦が10月開催へ、ファイトマネー総額5億円

・井上尚弥と引退スパーリングを行った八重樫東「彼がいたからここまで強くなれた」

・挑戦者ブルックに200万ドル提示で、3階級王者クロフォードのV4戦に大きく前進

・【新刊】”力石徹のモデル”山崎照朝氏の評伝に、大山倍達との出会いと別れ、芦原英幸と組手エピソードも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧